ローライ SL82

2008年6月3日 | By muddy orihara | Filed in: スーパー8カメラ.

Rollei SL82

 

OVERVIEW

ローライの8mmにはあまり大型の物はありませんが、これはその中でもより小さい物。
レンズはシュナイダーのcinevar。f:1.8、9-36mmの4倍電動/手動ズームです。暖色系のコーティングで、撮影済みのフィルムはとても豊かな色を出します。

撮影コマ数は18.24に加えて、ケーブルレリーズを使用した1コマ撮影。レリーズはシャッターボタンにある穴の上の方「.」の印がある方に指すと1コマ撮影。「l」の印の方に指すと連続撮影が可能です。

フォーカスは目測式。これはかなり使い勝手がよくて、ピンが来ているかはずれているかちゃんと目視できます。他の8mmカメラでもこうあってほしいなあと思います。

露出はTTL。手動調整はできませんがEEロックボタンがあります。

ファインダー内には露出値、フィルム走行シグナルがあります。

 

使い勝手など

ころころでっぷりとしたカタチはなんとも愛らしい感じですが、レンズ周りはかちっとしてます。単三電池3本しか使わないので、使用時も重くありません。フォーカスがファインダ全面でわかるのは、慣れるとすぐ撮影できるのでいい感じです。
濃厚に色が載ってくるレンズは、華やかなシーンにはぴったりかなと思います。逆にクールな撮影にはあまり向きません。
機能はあまり付いてませんから、お散歩撮影にぴったりかと。

 

SPEC

発売
[レンズ]
[ファインダー]  一眼レフ式、視度調節可能、絞り数値、フィルム走行マーク付き
[焦点調節]  目測式
[露出調節]  TTLによる自動絞り。EEロック可能。
[撮影コマ数] 1.18.24コマ
[特徴・オプションなど]
[大きさ]
[定価]

(C)2005 Muddy Orihara All rights reserved.


Tags:

5 comments on “ローライ SL82

  1. 渡辺 より:

    はじめまして、8ミリ撮影に今さらにはまってしまい、いつも貴方のサイトを参考にさせていただいております者です。
    さてカメラを購入したいと考えていて、このローライSL82のシンプルさが気に入っているのですが、この機種はスーパーのTRY-Xは使用可能でしょうか?なにかフィルムが生産中止らしく、TRY-Xはまだ海外現像可能との事で…あつかましい質問で申し訳ないのですが、ご教示下さるとありがたく存じます。

  2. muddy orihara より:

    kodak Tri-Xで撮影できますよ。一応、カメラの感度設定は、ASA25(昼光)/ASA40(白熱灯)
    ASA100(昼光)/ASA160(白熱灯)
    という表示です。

    Tri-XはASA160/200なので合わないんじゃないか、という疑問ですよねおそらく。これ、大丈夫ですので撮影してみてください。

  3. 渡辺 より:

    嬉しいお答えありがとうございます。
    感度設定の件、正にご指摘のとおり不安でした。
    昔使ってた映写機もこれで浮かばれると思うと、なんか楽しい。
    ありがとうございます。

    • muddy orihara より:

      少し乱暴だったかもしれません。撮れますよ、という意味でお答えしていました。
      感度差にして1/3段です。カメラ自体は当然、入ってるフィルムはASA100/160として認識しますが、モノクロですしでそのぐらいの露出値の差はラチチュードで吸収しちゃいます。さらに映写機の光を当てますしので、大差なくなっちゃいます。かっちり撮りたいのでしたら、お勧めしかねます、と言い換えておきます。

  4. 渡辺 より:

    ご丁寧に恐縮です。

    露出補正あればいいんですけど、どうやらないようですね。
    でも、あんまり気にしておりません。形と潔さに惚れてしまったものですから(笑)
    お返事ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください