オリテックTV-515テレシネ映写機のテレシネ比較実験その1

tv515sd25.jpg

入手したテレシネ用映写機「オリテックTV-515」を使ったテレシネと、
以前実験したフジカスコープSD25+パナソニックAG-DVX100Aのテレシネとの、
比較をちょっとやってみた。

[課題:10枚羽根テレシネは問題があるのだろうか?]

オリテックTV-515は、テレシネ用に通常の映写機のシャッター羽根の3枚から10枚に改造してフリッカーを無くし、さらに走行の安定性のためにモーターをクオーツ制御化したもの。

しかし、この10枚羽根の改造はテレシネ用としてはよろしくないのでは、と指摘があった。10枚羽根だと、フィルム掻き落としの最中にシャッターが開いてる瞬間があり、フィルムが上下動してるコマが計算上はいるはずだ、とのこと。
果たしてほんとにそうなのか?またそうだったとしてどれほど映像に影響があるのだろうか?
この辺りをポイントに、オリテックTV515がどれほどの性能か、比較してみようと思う。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください