小型映画1980年12冊拾い読みネタ探し その1超音波スプライサー

ワタシにはあんまり役立たなかった1980年の12冊でありますが、
ちょこちょこ気になるミニミニ記事があります。

Metallic Splicer & Film Companyという会社から出ていた、
Ultrasonic Film Splicer。

つまり超音波スプライサーは、ポリエスターベースのフィルムを接着できるスプライサー。
テープを貼ってじゃなくて、溶かしてくっつけるタイプ。

通常、ポリエスターベースのフィルムは接着できないと言いますけど、
このように特殊な機材を使うと貼り付けることが出来るのであります。

このスプライサーは、35mm、16mm、8mmの兼用機だったそうであります。

富士フイルムの現像所にも超音波スプライサーがあるそうですので、
(以前現像がストップしたときの一回は、このスプライサーの故障によるもの)
これと同じようなものが他にもあったのか、はたまたこの機種かが、
あったのでありましょう。

ちなみに当時のお値段で約22万円。完全に業務用の機材でありました。

月刊小型映画1980年1月号の小さい小さい記事からのネタでした。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください