2017年現在の8ミリフィルム状況

2014年使える8ミリフィルム

2014年現在の8ミリフィルムという記事から3年経った2017年、今年1月にエクタクロームの復活がコダックから発表されました。2017年度の第3四半期にエクタクロームをリリースすると言っております。

クラウドファンディングでカラーリバーサルフィルムを製造するとお金を集めたイタリアのFerrania(フェッラーニア)は、未だ工場設備の調整中です。モノクロフィルムをリリースすることにはなってますが、そもそものカラーリバーサルフィルムがさっぱり。

そして、数少ない映画用カラーリバーサルフィルムとして活用されてたAgfaのAgfa Aviphot 200Dは2015年に生産終了してます。

というわけで、前回の記事から3年経ってさらに厳しいです。
フレッシュな映画用カラーリバーサルフィルムがない状況が続いてます。

写真用フィルムを加工した映画用フィルムを積極的にリリースしてたドイツのヴィットナー(Wittner)が弱体化。

レトロ通販がフィルムのパーフォレーション空け機材を導入。富士フイルムのPROVIAを加工したフィルムをリリースしていますが大変高価です。

モノクロフィルムはラインアップ変わらず、各メーカーから相変わらずリリースされています。
コダックのカラーネガフィルムのラインアップも変わりません。

カラーリバーサルフィルムだけがどうも進展しない。
発表済みだけに、コダックの動きに期待したいところです。

■スーパー8フィルム商品

スーパー8はコダックの純正商品が製造販売されています。
ラインアップの、モノクロリバーサルフィルム1種と、カラーネガフィルム3種は数年前から固定されたラインナップですが、前述の通り、エクタクロームを復活させるとコダックが宣言しているので、大いに期待したいところです。

一方、中小の企業が写真用のフィルム原反を映画用フィルムに加工してる製品は数多くありますが、肝心の加工前のフィルムの種類が増えてないのでラインアップは微動したていどです。

コダック純正
コダック トライX(Tri-X)リバーサルモノクロフィルム
コダック ヴィジョン3 50D(Vision-3 50D)カラーネガフィルム
コダック ヴィジョン3 200T(Vision-3 200T)カラーネガフィルム
コダック ヴィジョン3 500T(Vision-3 500T)カラーネガフィルム
※2017年第三四半期にエクタクローム復活予定

ドイツ・ヴィットナー製(Wittner)


Wittner Pan R100 モノクロリバーサルフィルム(中身はFomapan R100)
Wittner B&W UN54 モノクロリバーサルフィルム(中身はOrwo UN54)
Wittner Konfekt Velvia 100 カラーリバーサルフィルム(中身はベルビア100)
Wittner Chrome 100D カラーリバーサルフィルム(中身はエクタクローム100D)

Wittner B&W N74 モノクロネガフィルム(中身はOrwo N74)
Wittner B&W PXR50 モノクロリバーサルフィルム(中身はたぶんPlus-X)

Wittner ORWO N74 Plus モノクロネガフィルム
Wittner Chrome 200D カラーリバーサルフィルム(中身はAGFA Aviphot 200D)

ドイツ・GK Films製 http://www.gkfilm.de/ http://www.cinevia.eu/


ADOX PAN-X100 モノクロリバーサルフィルム
Cinevia カラーリバーサルフィルム(中身のベルビア50Dが生産終了なのでぼちぼち在庫がなくなるはず)

アメリカ・PRO8製


Pro8/03 カラーネガフィルム(中身はVision-3 50D)
Pro8/07 カラーネガフィルム(中身はVISION-3 250D)
Pro8/46 カラーネガフィルム(中身はエテルナ VIVID 250D)
Pro8/47 カラーネガフィルム(中身はエテルナ VIVID 500T)
Pro8/13 カラーネガフィルム(中身はVision-3 200T)
Pro8/19 カラーネガフィルム(中身はVision-3 500T)
Pro8/22 カラーネガフィルム(中身はF-64D)
Pro843 カラーネガフィルム(中身はエテルナVIVIDだからこまめに在庫等確認した方がいいす
Pro8/92 カラーネガフィルム(中身はリアラ500D)

Super8/66 モノクロリバーサルフィルム(中身はTri-X)
Super8/88 カラーリバーサルフィルム(中身はAgfa Aviphot 200D)

プロ8社のYouTubeチャンネルはこちら。
http://www.youtube.com/user/pro8mm

また、マガジンに入れていないタイプのスーパー8規格フィルムも販売されています。
(ごく一部の特殊なカメラで使うか、または自分でマガジンにロードして使うなど)

■シングル-8フィルム商品

…富士フイルム純正商品はすでに存在しません。現像処理も終了しています。
残っているフィルムは、富士フイルム以外のごく限られた現像所、または海外の現像所、そして自家現像処理ができます。

サウンドトラックはありませんし、アフレコ仕上げできる業者もありません。

サードパーティ製商品もありますが、シングル-8マガジンに不向きな分厚いフィルムベースを採用したモノもあり、使用には注意が必要です。

レトロ通販製
Agfa 200 Single-8 カラーリバーサルフィルム(中身はAGFA Aviphot 200D)
Fujichrome 64T Professional Single-8カラーリバーサルフィルム(中身はフジクローム64T)
Astia 100F Single-8 カラーリバーサルフィルム(中身は富士アスティア100F)
Retro-X Single-8 モノクロリバーサルフィルム(中身不明)
シネビア100D(中身は富士アスティア100)

■ダブル8(レギュラー8)商品

ダブル8は1932年の誕生以来、一度も生フィルムがなくなったことはありません。
また、現在でもダブル8は、フィルムメーカー純正の商品があります。メーカーはFOMA。スチル写真用で知る人もいる、チェコのメーカーのモノクロフィルムです。

そのほか、上記のスーパー8やシングル-8のサードパーティ製品と同様に、スチル用フィルムを加工したものが多数発売されています。マガジンに入っていない分だけ、撮影時のトラブルは少なめです。

FOMA Fomapan R100 モノクロリバーサルフィルム
100フィート版
Wittner Chrome 100D カラーリバーサルフィルム(中身はエクタクローム100D)
25フィート/100フィート版
Wittner Chrome 200D カラーリバーサルフィルム(中身はAGFA Aviphot 200D)
25フィート/100フィート/400フィート版
Wittner TXR 200 モノクロリバーサルフィルム(中身はTri-X)
25フィート/100フィート
Wittner B&W UN54 モノクロリバーサルフィルム(中身はOrwo UN54)
25フィート/100フィート/400フィート版

■ダブル(ラン)スーパー8商品

FOMA Fomapan R100 モノクロリバーサルフィルム
33フィート/100フィート版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.