4月1日 猫電車で台湾猫と日本ねこのフィルムを現像しにいく

4月1日、世田谷の某ガレージ現像所にまたまたお邪魔しました。

お邪魔が”またまた”な歴史はこちら↓

「ナゾの未現像フィルム」の不思議のナゾを解かねばならぬ

9/9 自家現像パーティでナゾのフィルムを現像した

2月に台湾で猫を撮ってきたんですが、このシングル-8フィルムを現像したいのです。
「千と千尋の●隠し」のモデルになった九份にはねこがいっぱいいました。当然撮りました。(いぬもいっぱいいました)

でも、フィルムがまだ少し残ってるから現像しちゃうともったいないです。なので、修理したZC-1000で今度は日本のねこを撮ろうと思うわけです。

猫が出没すると都市伝説でウワサされる公園できょろきょろしてたら、
「どっこいしょ」

と目の前にねこが座り込みました。


レンズの前に座り込んだんですから「さあ、わたしを撮りなさい」このねこは言ってるのです。そうに決まってる。

シャーと走行ノイズが出ても、びっくりも逃げもしません。やっぱり撮られたかったのですね。8ミリ好きのねこと断定。

めでたくフィルムエンド。いざ世田谷へ。いつもの現像所です。

そこに向かう途中もねこだらけです。ねこづくしです。これはつり革。

猫電車です!じぶりみたいですね。

さて、割とサクサク現像は進んでいきますが、
自分の現像作業レポート用の撮影ができませんから、タンクの写真でご容赦。

ワタシが終わる頃にはいつもと同じく、老若男女(…って”老”はオレだよ!)のみなさんが持ち寄ったフィルムを順番通りに現像していきます。

そして、現像待ちの人と終わった人たちは皆さんが持ち寄ったお菓子とサンドイッチとつまみとお酒で、だんだん盛り上がって参りました。

毎度のパターンで人が集まりすぎて現像が終わらない終わらない。終わった人から試写をします。これはモノクロネガ現像ですね↓

全部上映していたら夜中になっちゃいます。

なので、居残りさんを残して近所の串カツ屋さんに向かいます。入りきれません。

たこ焼きを焼いてみました。ちょっと焼きすぎました。

そしてそもそも現像結果はどうだったのか…後日ご案内致しましょう。

会社や学校で言えば4月1日は新年度であります。新たな年の訪れに乾杯であります。
今年(度)も楽しいものを作るために楽しんで参りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください