ベル&ハウエル フィルモソニック 1238 マクロ8

2019年8月28日 | By muddy orihara | Filed in: スーパー8カメラ.

Bell & Howell Filmosonic 1238 Macro8
ベル&ハウエル社のサウンドスーパー8カメラ。

8倍ズーム付きのサウンドカメラ。望遠マクロでレンズ前直前までフォーカスがあうようです。フォーカスあわせはベル&ハウエルお得意のダイクロイック方式。赤青にズレた画を合致させるように調整するもの。

露出はTTLの自動露出、手動調節も可能。
ポイントは+-1絞りの露出補正ができること。さらにカメラ上部に「コントラストコントロール」なる機能があり、これはその実、マイナス3/4、プラス3/4のEE補正です。つまり、露出補正が2系統あることになります。

エクタクローム100Dフィルムを装填するとASA160に設定されてしまいますが、この多彩なEE補正機能を使って、調整することでりっぱに対応可能となります。

撮影速度は18コマ、24コマで同時録音撮影可能(サウンドフィルムは現在販売されてません)、加えてスローモーション約34コマで撮影可能です。1コマ撮影も可能です。

画音同時のフェードインフェードアウト機能があります。

ジャンクを一瞬持っていたのですが、廃棄してしまいそれ以来手にしておりません。
大柄で無骨ですが、今更ながらにスペックを見ると、十分使い勝手のありそうなカメラですね。

SPEC
発売:ベル&ハウエル(国内販売は大沢商会)1976年4月?
レンズ:F1.8 7.5-60mm(8倍ズーム)/ズーム速度2段切り替え/手動ズーム/マクロ/
ファインダ:一眼レフ/視度調節可能/露出警告/フィルム給装/終了/絞り値/フィルタ切り替え/録音確認
フォーカス:ダイクロイック方式
露出調節:内測式(TTL)CdS露出計による自動絞/手動絞り可能/露出補正可能
撮影コマ数:18.24.サイレントカートリッジのみスローモーション(34コマ)/1コマ
録音方式:磁気録音/自動レベル録音(ALC)録音レベル切り替え可能
使用電池:単3電池6本
大きさ:24022470mm
重さ:1,340g
価格:119,800円(マイク、イヤフォン付き)ケース6,500円

ご進言:オオノ隊員

(C)2019 Muddy Orihara All rights reserved.


Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください