「シングル-8カメラ」カテゴリーアーカイブ

フジカ シングル8 ZXM500

フジカ シングル8 ZXM500

Overview

ZM800と時をおなじくして登場した、Zシリーズサウンド第二弾シリーズ。

レンズは、f1.3の7.5-36mmの広角マクロ付き5倍ズーム。シャッター開角度220°ですから、XLタイプカメラ。
一眼レフTTL測光です。手動の露出調節可能。フジカのシングル8でおなじみの、ひっぱりだして回す露出ダイヤルで調節します。電動ズーム速度がハイ・ローの2段に選択あり。もちろん手動ズーム操作も可能。
ファインダー内表示はEE絞数値、フィルム走行シグナル、フィルム終了警告、バッテリーチェック、ライトバランシングフィルターの挿入・解除の確認用のインジケータがあります。

フィルムの巻戻しは、フジカシングル8でおなじみの側面のクランクを起こし手動巻き戻しですが、しかし、巻き戻しメーターではかれる量は約4秒分と限定されているために、利用範囲は限定されています。と、画音の同時フェード機構が搭載されていますが、フェードと限定されているように、これはシャッター開角度を調節する物ではなく、露出を調節するもの。XLカメラ独特の、動く画像のぶれを軽減することはできません。

撮影コマ数は18コマのみ。電源は単三電池4本。

同時録音機構はサウンドフィルム無き今は語ってもしょうがないですが、念のため。オートレベル&マニュアル調節両方あり。マイク入力のほか補助入力端子があり、ミックス録音撮影可能。

Impression

TTLに明るめのレンズ、露出調節可能と基本的な部分は付いているので、スローモーションや細かい巻き戻しを行わないのであれば、中古の台数も多く出てきていますし手に取りやすいカメラです。
最大の欠点は、録音機構と連動したシャッターボタンの異常な重さです。思いっきり力を入れて押す必要があります。当然、カット頭ががたつくので少し早めに回して置くといいでしょう。
同様の理由から、マスク合成などは不向きです。よほどしっかりとカメラを固定する手段を講じないとマスクずれを起こして失敗します。改良型のZX550ではシャッターが軽くなっていますので、余裕があればZX550を選んだ方がいいと思います。
巻き戻しは、そのメーターの機能的限界から考えればオーバーラップかタイトル合成専用なのですが、それをもろともせずに使いこなして特撮ばんばんこしらえる方もいたそうです。

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1976年9月

レンズ:フジノンMAZF1.3・7.5?36ミリ、5倍ズーム、マクロ切替可能。 電動ズーム式(速度2段切替)、手動ズーム可能

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能、絞数値(フェード量)・フィルム走行・終了警告・録音レベルメーター・バッテリーチェック・バランシングフィルター確認表示付

フォーカス合わせ機構:スプリットイメージ式

露出:内測式(TTL)露出計による完全自動絞(サーボEE)、EEロック・手動絞調節可能

フィルム感度設定

撮影速度:18コマ

特長・オプションなど:
マクロ撮影可能、フィルム巻戻し・画音オートフェード・マイクリモコン・サウンドモニター可能、ライトバランシングフィルター・フィルムカウンター内蔵

大きさ/定価:
190x70x214mm 1500g/102800円 レンズフード1500円、ハンドストラップ500円、アイカップ200円

 

フジカ シングル8 ZXM300

フジカ シングル8 ZXM300
zxm300_side01.jpg

Overview

スーパー8陣営のサウンド化に対抗してAXM100とともに出てきたサウンド機第一弾。

レンズはf1.2の9.7-26mmの広角マクロ付き2.7倍ズームレンズ。一眼レフ式ですが、フォーカスは目測式。相変わらず低ズーム倍率のXLタイプによくある、外測式EEでシャッター開角度220度。露出調節はないですが、かろうじてEEロックがあります。 タイプAフィルター内蔵で、タングステンフィルムを屋外使用時にも外付けフィルターいらずです。

撮影速度はサウンドカートリッジのときに標準の18コマ、サイレントフィルム使用時には前代未聞の20コマとなります。

ファインダーの中には、露出不足警告、サウンドインジケーター、フィルム終了警告、バッテリーチェックの確認用のインジケータがあります。駆動電源は単3電池4本。

Impression

AXM100とレンズが違うのと、EEロックがついているぐらいの違いです。サイレントカートリッジ使用時には撮影速度が20コマになってしまうという欠点はこの機種にもあります。ということはサウンドカートリッジなき現在において、使い道は20コマ撮影用特殊カメラでしょうか?
メインのカメラとして作品製作に使うのにはいろいろと制限がありますが、安価に入手できるので少々乱暴な撮影に使う事も出来ますね。

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1976年9月

レンズ:フジノンMAZF1.2・9.7?26ミリ、2.7倍ズーム、マクロ切替可能、手動ズーム式 11群13枚構成

ファインダー:
一眼レフ式 視度調節可能、露出不足警告・フィルム終了警告・録音確認・バッテリーチェック表示付

フォーカス合わせ機構:目測式

露出:外測式完全自動絞(サーボEE) EEロック付

フィルム感度設定

撮影速度:18コマ(サイレントカートリッジ使用時は20コマ)

特長・オプションなど:
ライトバランシングフィルタ?内蔵、サウンドモニター可能、フィルムカウンター内蔵、マクロ撮影可能

大きさ/定価:
185x55x175mm 1020g/66300円、ケース3000円、レンズフード1500円、ハンドストラップ300円、アイカップ200円

フジカ シングル8 ZX550

FUJICA SINGLE-8 ZX550
zx550_left.jpg

Overview

ZXM500の改良版。1コマ撮り機能が追加されたことと、ズームリングが軽くなったこと、激重だったシャッターボタンが軽くなったこと。この三つでずいぶん使いやすくなっています。
変形絞りのf1.3の5倍ズーム。マクロ撮影機能付きです。

1こま撮りは、リモートコントロールスイッチが必要です。えらそうな名前ですが、ミニミニジャック(ウォークマンの奴より一回り小さい奴)をつっこんでON/OFFするだけの事です。

撮影機能は、だいたいZXM500と同様です。

Impression

シングル8の末期に発売された機種ですので、比較的中古で見かけるものも状態がいいようです。サウンドシングル8のZシリーズ全般に言えることですが、手動で巻き戻し出来ますが、かなり制限されるのは他のサウンド版Zシリーズ同様です。
細かい巻き戻しテクニックを使うのには少々手間がかかる機種になっていますが、特撮映画撮ってしまう人もいたぐらいですから、使いこなしだと思います。
その一方、普通の撮影をする上ではとてもこなれていますので、使いやすい機種です。
zx550_right01.jpg 

 zx550_back.jpg
フィルムメーターは縦型です

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1980年4月

レンズ:フジノンMA・Z F1.3・7.5?36ミリ、5倍ズーム、マクロ切替可能。 電動ズーム式(速度2段切替)、手動ズーム可能

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能、絞数値(フェード量)・フィルム走行・終了警告・録音レベルメーター・バッテリーチェック・バランシングフィルター確認表示付

フォーカス合わせ機構:スプリットイメージ式

露出:内測式(TTL)露出計による完全自動絞(サーボEE)、EEロック・手動絞調節可能

フィルム感度設定

撮影速度:18コマ・1コマ撮影可能(電磁レリーズケーブルが必要)

特長・オプションなど:マクロ撮影可能、フィルム巻戻し・画音オートフェード・マイクリモコン・サウンドモニター可能、ライトバランシングフィルター・フィルムカウンター内蔵

大きさ/定価:193x74x214mm 1500g/109800円

フジカ シングル8 ZX500

Fujica Single-8 ZX500

Overview

ZX300の兄貴分。違うのはマクロ撮影のできる約5倍のズームを載せたこと。レンズ部分以外はZX300と変わりませんので、ZX300の記事を参照してください。
最短撮影距離は1.5メートル。約5倍の電動ズーミング速度は約4秒、手動ズーム操作も自由です。しかし価格を考えると露出の調整機能は欲しかったです。

あんまり書くことがないので、マクロ光学系への切替法でも。

1.ズームレバーを広角側の7.5ミリの位置まで回します。

2.レバーのさきっぽを引っ張り出してさらに回すとマクロに切り替わります。

3.フォーカスリングを無限大目盛りにして、マクロフォーカスをいっぱいに操作すると、レンズ面から7ミリのところにフォーカスが合い、2.5×3.5センチの範囲を画面一杯に撮影することができます。

Impression

背が高くなりがちなシングル8機にしては小さくまとまって、旅行用にもぎりぎり使える感じ。フィルター径55mmで、しかも広角マクロ付きですから、市販のビデオカメラのワイドアダプターで適切なものを選べば、広角撮影もできますね。RT50があった時期に開発されているために、今ではちょっと中途半端な印象のカメラですが、 9コマ撮影時の1/12秒という遅いシャッタースピードは夜間の静物撮影向けに開発されていますが、スローシャッター撮影による流し撮り撮影も楽しめます。やはりちょっと変わった機種です。

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1974年4月

レンズ:フジノンMA‐ZF1.3・7.5?36ミリ、11群14枚、4.8倍電動&手動ズーム可能

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能、絞数値・露出不足警告・フィルム終了警告表示付

フォーカス合わせ機構:スプリットイメージ式

露出:外測式CdS露出計による完全自動絞(サーボEE)、EEロック付き

フィルム感度設定

撮影速度:9・18コマ

特長・オプションなど:マクロ撮影可能、パルス式同時録音可能、スタート同時録音可能、タイプAフィルター内蔵、バッテリーチェッカー・フィルムカウンター内蔵

大きさ/定価:
145x64x204mm 1090g/本体73700円、ソフトケース1500円、レンズフード1100円、アイカップ200円、ハンドストラップ500円

フジカ シングル8 ZX300

Fujica Single-8 ZX300
zx300_side01.jpg

Overview

XLタイプのシングル8と言うのに加えて、パルス式同時録音機能付きです。ズームレンズ付きシングル8としてはもっとも明るいレンズ搭載機。
F1.2で230度の広開角度シャッターのXLカメラですので、低照度条件下の撮影に向きます。
ファインダー内には、視野内に絞値と指針、露出不足・フィルム終了の警告表示をします。露出計は外測式。極度に明るい被写体には、NDフィルターが自動的にかかるそうですが意識して使ったことがないです。
手動絞調節がないけど、EEロック機構をそなえています。
撮影コマ速度は標準18コマのほかにZX500とたった二機種しかない9コマ付きで、暗いところで止まった風景を撮るならこれはとても有効。駆動電源は単3電池4本でEE電源共用。

この機種のパルス式同時録音機能は、Z800とはちょっと違います。別売の専用カセットテレコ(パルスシンクコーダー)をコード接続するだけで、ジェネレータを取り付ける必要はありません。というかつけられません。一般のカセットテレコを用いた同時スタート録音も可能ですが今売っているテレコのなかから探すと割高かも。

シャッター開角度調節機能や、巻き戻しのクランクはついていない。そのため、別売のフェーダーとリワインダーでフェードイン・アウトやオーバーラップをするのです。フェーダーっていうのは、PLフィルターです。別に特殊なもんではありません。

タイプAフィルターを内蔵してますので、これはタングステンタイプのRT200Nフィルムで太陽光下撮影する場合に役立ちます。

Impression

Zシリーズ全体から見ると異色のカメラです。
XLタイプということでぎりぎりまで光をフィルム面に届かせるために外測式EE方式はまあいいとしても、手動補正は出来ないのが惜しい感じ。思ったより小さいのが利点かしら。パルス同録機構はありますが、Z800やZC1000のようなシャッター軸を直接いじる物ではないので、バルブ撮影に流用できませんのでご注意を。動作音はさほど小さくない。
9コマ撮影機能は秀逸。もともとXLタイプのシャッター開角度230°でシャッタースピード1/28秒と長い方なのですが、9コマ時はさらに半分以下の1/12秒と遅くなるので、夜間の静物、たとえば夜景などを撮るときには重宝します。どうしても夜景がほしい!時には活躍します。

zx300_side02.jpg

zx300_side03.jpg 

 左は撮影コマ数切り替え。右はライトバランシングフィルタ切り替え

zx300_side04.jpg

 黒い円形のものをはずすと、パルスシンク用のコネクタがある
zx300_side05.jpg

 ここにリワインダーをはめて巻き戻す

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1974年4月

レンズ:フジノンZ‐F1.2・8.6?23ミリ、10群12枚構成、2.7倍手動ズーム式

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能、絞数値、露出警告マーク・フィルム終了表示付

フォーカス合わせ機構:スプリットイメージ式

露出:外測式CdS露出計による完全自動絞(サーボEE)、EEロック付き

フィルム感度設定

撮影速度:9・18コマ

特長・オプションなど:
パルス式同時録音可能、スタート同時録音可能、タイプAフィルター内蔵、バッテリーチェッカー・フィルムカウンター内蔵

大きさ/定価:
145x65x190mm 955g/本体59900円、ソフトケース1300円、レンズフード1100円、アイカップ200円、ハンドストラップ500円

 

フジカ シングル8 ZX250

Fujica Single-8 ZX250

Overview

ZXシリーズの最低倍率ズーム機種。そしてシングル8では二番目に明るいレンズを持つ機種。ズームレンズ搭載機ではもっとも明るいレンズです。
最短撮影距離は1.3メートル、焦点合わせは目測式です。ズーム操作はもちろん手動式のみ。
230度の広開角度シャッタ?、F1.2レンズとの組合わせのいわゆるXLカメラタイプ。サイレント版のZXシリーズは光を無駄にしないための外測式サーボEEです。
タイプAフィルターを内蔵しているのでタングステンフィルムを表で使うときにはフィルターを買わなくて済みます。

EE機構は手動調節の操作はできませんし、ロックもないのでご注意を。

撮影速度は標準の18コマのみです。巻き戻しクランク・シャッター開角度機能などはいっさい省かれているので別売のワインダーでフィルムの巻戻し、フェーダーを使ってオーバーラップをします。
テレコ同時スタート接点をもちますので、同時スタート簡易同録撮影ができますがちょっと古い設計のテレコを用意する必要がありますので注意を。

Impression

シングル8の中では二番目に明るいレンズを持つ機種。大きさの割に重く感じました。フォーカスは目測あわせなので、ピンぼけに注意。あまり印象に残らないカメラです。絵柄のあがりの記憶がまったくないのもそのせいでしょう。デザインの雰囲気が他のシングル8機と違って印象的。(2004年4月マディ修正)

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1975年4月

レンズ:フジノンZ‐F1.2・10.5?26ミリ、8群11枚構成、2.5倍手動ズーム式

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能、露出不足警告ランプ

フォーカス合わせ機構:目測式

露出:外測式CdS露出計による完全自動絞(サーボEE)

フィルム感度設定

撮影速度:18コマ

特長・オプションなど:テレコ同時スタート接点内蔵、タイプAフィルター内蔵、バッテリーチェッカー。フィルムカウンター内蔵、リモコン可能

大きさ/定価:143x76x197mm 990g/本体42900円、ソフトケース1300円、レンズフード1100円、アイカップ200円、ハンドストラップ500円

フジカ シングル8 ZS400

Fujica Single-8 ZS400
ZS400.jpg

Overview

サイレントフィルムに光学式同時録音ができるという、シングル8、スーパー8の中でもっとも奇妙きてれつなカメラ。
これは、富士フイルムが1971年に提唱した、8ミリ映像をテレビで見るためのシステム「CVRシステム」(シネ・ビデオ・レコーディング)の末端機器として開発されたものです。
このシステムは映写機「CVRプレーヤー」がメインの機材で、これ自体は昔の8トラックオーディオカセットデッキのような形をしています。内部はGOKOのTC-20のように多面体プリズムが内蔵されていて、これを撮像管で撮影してテレビの信号として出力する構造になっています。フィルムは「CVRパック」というカートリッジに入っているので簡単にセットができます。このパック自体は、他のTM40映写機などでも採用されておりました。
主に社内プレゼンや資料用映像に業務ルート向けに開発、販売されていたものです。そのためか中古市場でほとんど見たことがありません。

このカメラは他の機種の改造ではなく、フジのシングル8には珍しく横にグリップが付いています。全体的にデザイン上の遊びがなく、がっしりした作りに見えるのは業務用途メインだったことによるのでしょう。
撮影時には、カートリッジからフィルムをぐぐっと引き出して光学録音ヘッドにかませてないとだめです。カセットポン!私にも写せますってわけにはいきません。
撮影コマ数は18コマと24コマ。撮影したフィルム自体は市販の光学録音式映画ソフトと同じく、光学再生機能を持つ映写機でかかります。もちろん、撮影後はアフレコや音の消去ができるはずもなく、編集したら音がとぎれます。いろいろと不便なのですが、改変が不可能な分だけ記録保持の点からは信頼がおけるといった利点を(それこそ、現在も利用されている8mmフィルム監視カメラのように)売りに作られたのでしょうか。
しかしその後シングル8のシングル方式同時録音カメラは、コダック・スーパー8に遅れること数年、マグネ式サウンドカメラの発売の1976年までありませんでした。(マディ)

写真協力:(C)hanai

Impression

実物をいじったことはおろか、見かけたこともありません。スペック覧が歯抜けなのはそのせいです。
参考資料:小型映画ハイテクニックシリーズ9映像入門(玄光社刊)、カメラレビュークラシックカメラ専科44富士写真フイルムのカメラ(朝日ソノラマ刊)
(2004年4月 スペック欄を修正)

本写真を提供してくださったhanai様曰く、あまり音質は期待できないとのことです。基本的に現行で販売されていない、別のフィルムでの録音撮影を想定していたからでしょうか?モノクロだったらどんな音質になるか、是非聞いてみたいところです。

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1971年12月

レンズ:フジノンZFf1.8 9-36mm

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能

フォーカス合わせ機構:目測式

露出:Cds外測式EE、マニュアル調節可能 (要H-2D水銀電池または代替品)

フィルム感度設定

撮影速度:18・24コマ

特長・オプションなど

大きさ/定価:91x222x187mm 2200g

 

フジカ シングル8 フジメモモーション ZR400

Fujica Single-8 Fuji Memomotion ZR400

Overview

画像解析用として業務ルート向けに製造販売されていた特殊機器。このような特殊機器は別途紹介しようと思いますが、比較的中古でも出てきているようなのでこちらに記載しておきます。
Z2の改造であるとも聞きますが、Z2の改造版として、Z2A INDUSTRIALという画像解析用のものがありましたので、z400の改造だと想像しますが裏付けは何もございません。想像の根拠としてZR400は本体でスローモーション撮影可能なことです。

本体で、とわざわざ断るように、この機種はグリップをはずし、専用の電磁レリーズユニットをつけ、専用「メモモーションユニット」をつけるとインターバル撮影などが可能になっていたのです。
たとえば交通量調査や、工場の製造管理用など、デパートなどのお客さんの流れなどを調査するのに使われておりました。

Impression

現物見たこともありません。

Spec

メーカー:富士写真フイルム

レンズ:フジノンZFf1.8 8.5-34mm、手動ズームのみ

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能、絞数値表示付

フォーカス合わせ機構:スプリットイメージ式

露出:Cds外測式EE、マニュアル調節可能 (要H-2D水銀電池または代替品)

フィルム感度設定

撮影速度:1・18・24・SM(スローモーション、約36コマ)コマ

特長・オプションなど
手動巻き戻し可能、シャッター開角度調整可能、リモコン撮影可能、フィルムカウンター内蔵。電磁レリーズユニット装着可能、メモモーション撮影可能

大きさ/定価

フジカ シングル8 サウンド ZM800

Fujica Single-8 Sound ZM800
zm800_left.jpg

Overview

シングル8サウンド機最初期にリリースされた8倍ズームを搭載の高級機種。

レンズは、f1.8の8-64mmの広角マクロ付き8倍ズーム。シャッター開角度220°ですから、XLタイプカメラなのですが、レンズがf1.8なので準XLとして、型番から「X」の文字がはずされています。ZXM500と同様一眼レフTTL測光です。
露出の手動調節可能。フジカシングル8でおなじみの、丸形ツマミをひっぱりだして回すことで調節します。電動ズーム速度がハイ・ローの2段に選択あり。もちろん手動ズーム操作も可能。

ファインダー内表示はEE絞数値、フィルム走行シグナル、フィルム終了警告、バッテリーチェック、ライトバランシングフィルターの挿入・解除の確認用のインジケータがあります。このライトバランシングフィルターは、タングステンフィルムであるRT200Nを太陽光可で撮影しても青っぽくならないようにするものです。

フィルムの巻戻しは、フジカ機ではおなじみの側面のクランクを起こし手動巻き戻し。しかし、巻き戻しメーターではかれる巻戻し量は約4秒分と限定されているために、利用範囲は限定されています。サイレントのZシリーズのような自由な使い方は工夫が必要です。
映像と音の同時フェード機構が搭載されていますが、サウンドフィルムが無くなった現在に於いてはあまり意味がありません。フェードと限定されているように、これはシャッター開角度を調節するのではなく、露出を調節するもの。
撮影コマ数は18コマのみ。電源は単三電池4本。

同時録音機構はいまさら語ってもしょうがないですが、念のため。オートレベル&マニュアル調節両方あり。マイク入力のほか補助入力端子があり、ミックス録音撮影可能。

Impression

かなり中古台数もあり、TTLに広めのシャッタースピードとサイレントのZシリーズに比べて明るく見やすいファインダ。露出調節可能と基本的な部分は付いているので、いろいろとテクニックには凝るつもりがない方には、カメラ選びの選択肢の一つかと思います。
最大の欠点は、ZXM500と同様、録音機構と連動したシャッターボタンを押し込むのに大変に力が必要なこと。
このため、 「よーい、スタート」の2アクションでフィルムを回し始めると、カット頭がガタつく事がありますので、昔のハリウッド式で3アクションで参りましょう。同様の理由からマスク合成などは不向きです、というよりもよほどしっかりとカメラを固定する手段を講じないとマスクずれを起こして失敗します。
改良型のZ850ではシャッターが軽くなっています。
巻き戻しは、そのメーターの機能から考えればオーバーラップかタイトル合成専用でしょう。

zm800_inside01.jpg

zm800_right.jpg

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1976年9月

レンズ:EBCフジノンZ F1.8・8?64ミリ、8倍ズーム、マクロ切替可能。 電動ズーム式(速度2段切替)、手動ズーム可能

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能、絞数値(フェード量)・フィルム走行・終了警告・録音レベルメーター・バッテリーチェック・バランシングフィルター確認表示付

フォーカス合わせ機構:スプリットイメージ式

露出:内測式(TTL)露出計による完全自動絞(サーボEE)、EEロック・手動絞調節可能

フィルム感度設定

撮影速度:18コマ

特長・オプションなど:マクロ撮影可能、フィルム巻戻し・画音オートフェード・マイクリモコン・サウンドモニター可能、ライトバランシングフィルター・フィルムカウンター内蔵

大きさ/定価:
190x70x228mm 1600g/115800円 1500円、ハンドストラップ500円、アイカップ200円

 

フジカ シングル8 ZC1000 /New ZC1000

Fujica Single-8 ZC1000 /New ZC1000
zc1000_left.jpg

Overview

シングル8やスーパー8の時代になってからの国産8ミリカメラでは唯一のレンズ交換式。とにかく最高級のシングル8撮影機です。

交換レンズはCマウントのもの。16mmの標準的なマウントなので、撮影サイズは変わってしまいますが16mmのレンズを使うことが流用できる上に、ボリューなどの海外8mmカメラレンズ、古いTVカメラ、もしくは監視用ビデオカメラの交換レンズが取りあえずそのままくっつきます。35ミリカメラ用各種レンズとCマウントの変換アダプターが、純正のアタッチメントとして販売されていたので、35mmカメラレンズ換算で約6.5倍の焦点距離の望遠寄りレンズとして使えますが、マウントを換えたメーカーがほとんどなので現行で販売されているレンズはニコンを除いてほとんど付かないのでご注意を。
標準セットとして、電子ビームコーティングの7.5-75mm、F1.8ミリという10倍のマクロ機構付ズームレンズを装備してます。 純正で5.5mmの広角レンズが販売されておりました。

ファインダーは一眼レフ式ですが、通常のハーフミラーによるファインダとフィルム側の分光をせずにミラーシャッターを導入してるので、100%の明るさでみることができるのですがその反面、ぱたぱたと明滅して見えます。

フォーカス合わせはすりガラスのようなマットスクリーン。じゃまだったら撮影時にマットスクリーンをレバーで解除することもできます。露出調節は、内蔵の露出計ではかった数値をファインダー内の指針をEE適正値のゼロ点に手動であわせるもの。このときに加減をすることによって微妙な調節が可能。
ファインダーの上の方の赤ランプは、かなりマルチ機能の警告ランプで、電源電圧の低下、逆転操作、開角度調節、露出補正(2倍、4倍)の切替およびフィルム終了時と点灯したときに何のトラブルかいろいろ神経質に考えさせられます。

撮影速度は、1.12.18.24.36に加えて72コマまで。24コマまでは本体内の単3電池4本で動きますが、36・72コマは、グリップに単三電池4本入っていないと動きません。三脚に据えて高速度撮影する時、グリップのケーブルをはずして「故障か!」とあわてないように。

特殊機構としては、フジカのシングル8ではたった一機種しかない、逆転撮影(1コマでもOK)。そしてシングル8全体でも一機種しかない、逆転にも連動するデジタルフレームカウンター。
フジカシングル8は巻き戻し量があいまいなまま、ずっとシリーズを重ねてきていますが、絶対的なフレーム数がわかるようになっているので、多重露光などの確実な操作が可能になっています。

Z800のところで説明した、パルス同調用に外部に出せるシャッター軸に、別売のフィルミングクランクをつけると手回しによる長時間露出の撮影ができます。
もちろんパルスジェネレーターを取付け、パルスシンクコーダーと接続すると、パルス同調の同時録音撮影ができるのはあたりまえで、ストロボシンクロ用のカプラーをつけることもできました。
そこまでやらなくても、という人向けにテレコの同時スタート用のリモート接点があります。テレコはいまでも販売している外部コントロール可能な物が使えますが、高価なテレコなのでよく考えてください。

レンズ交換できると言うことから、顕徴鏡アダプター、マクロシネコピー、中間リングやベローズもアタッチメントとして販売されていたりと、いたれりつくせりでなるほど最高機種。

1979年にリニューアルされて名称もニューZC1000となりましたが、部分は、ねじ込み式だったズームレバーを折り畳み式に。三脚につけたままでもフィルムカートリッジを取り替えられるように。視度調節範囲を拡大。などの微妙な改良点のみ。

Impression

重いとかでかいとかいってもしょうがないので、別な欠点を書いておきます。このCマウントの材質が柔らかいのでしょうか、それとも標準10倍ズームレンズが重すぎるのか、これが結構移動中にゆるんだりします。またぶつければ歪んでしまいます。
瞬間接着剤で固定した人も私の知り合いにはいます。ま、そこまでしないでもいいですけど、頻繁に別売りの広角レンズ(F1.8 5.5ミリ)と取り替える人は注意しましょう。

交換レンズですが、海外スーパー8用のCマウントレンズを付けるのがいいと思います。8mmビデオカメラや、それ以前の家庭用ビデオカメラにも、Cマウントレンズを積んでいた物がありますが撮像素子の大きさによって、ZCにつんだときに画角がどれくらい変わるか計算が必要です。また、古めの監視ビデオカメラ用のCマウントレンズをいじってつける方もいますが、ズームレンズは少ないのであまり面白みはないですね。また被写界深度を黙視できそうですが、開放に近づくにつれて限界があり完璧な確認はできません。これは海外のスーパー8レンズ交換カメラと比べるとちょっと落ちる点です。

考えてみればこの機種だけが、まともにシングル8カートリッジの構造的利点を使い切っているのです。できればこのメカを利用して、ズーム比の低いレンズや、モーターをもっと安めなものに換えて安価な機種を出してほしかったなあと今更ながらに。

zc1000_mount.jpg
Cマウント部。中央の四角い穴のすぐ奥にはミラーシャッターがある

zc1000_canon_lens.jpg
キヤノンのCマウントレンズを付けてみたところ

zc1000_right_up.jpg

左のダイヤルが撮影コマ数調整と露出補正。中央の目盛りがフィルムメーター。その右がコマ数デジタルカウンター。その下の黒丸を開けるとシャッターシャフトがある。デジタルカウンターの右側は電源のオンオフなどの切り替え。右端は撮影の前進・逆転撮影切り替えスイッチ。上にある丸いメータはシャッター開角度メーターとシャッター開角度調整用レバー。

zc1000_with_crank.jpg
 ワインダーを装着したところ

Spec

[メーカー]
富士写真フイルム 1975年3月発売 (NEWは1979年6月)

[レンズ]
EBCフジノンMA・Z‐F1.8/7.5-75ミリ、10倍マクロ付ズーム(Cマウント)、手動ズーム式

[ファインダー]
往復ミラー一眼レフ式、視度調節可能、EE適正値指示、逆転・開角度調節・露出補正・フィルム終了・バッテリーチェック共用の警告表示

[フォーカス合わせ機構]
フォーカスグラス式、全面マット、空中像に切替可能

[露出]
内測式(TTL)シリコン露出計による測光、追針式手動絞調節、露出補正付

[フィルム感度設定]
ASA25・50・100・200・400

[撮影速度]
1・12・18・24・36・72コマ

[特長・オプションなど]
Cマウントレンズ交換式、マクロ撮影可能、電磁レリーズ式、シャッター開角度調節・逆転撮影・パルスシンク同録撮影・クランク撮影・ストロボ同調・リモコン撮影可能、巻戻しコマ数計・フィルムカウンター内蔵

[大きさ/定価]
120X80X316mm グリップ124X60X187mm 1980g グリップ280g/ボディ144200円、10倍ズームレンズ69300円、レンズフード1200円、アイカップ300円、グリップ8000円、ソフトケース5000円