「現像」カテゴリーアーカイブ

「ナゾの未現像フィルム」の不思議のナゾを解かねばならぬ

9/9 自家現像パーティでナゾのフィルムを現像した」の記事の続きですので、先にそっちをお読みくださいね。

ワタシの家にはナゾの未現像フィルム、撮影途中のフィルムが多いんです。

どうせまともな画が出ないのですから捨てちゃっても良いんですけど、せっかく撮影されたフィルムですから、何が写ってるか知りたくなりました。

でも、どんなフィルムでもOKかというとそんなことはなくて、コダクロームのカラー現像はまあほとんど無理ですし、フジカラーも同様。フジクロームやエクタクロームは自家現像でもカラー現像できますけど。

でも、そもそもすんごく古いと乳剤が劣化してて映像出ません。

だから、「インスタントコーヒーで使用期限切れの8ミリフィルムを現像する」で、モノクロネガ現像が確認できた、上の写真の[5]番めのフジクロームR25をカラーリバーサル現像してみることにしました。

何度も書いてますが、この[5]番のフジクロームR25は1998年使用期限のフィルムの山に入ってたモノ。ホントに1998年モノならそこそこカラーの画が出るはずです。

しかし、現像結果はそんな予測を裏切るモノでした。ほら↓

なんだこれ超人ハルクかよ!緑色一色じゃないか!

想像するに、乳剤の表面の層が現像液に耐えられずに溶けちゃったけど、奥の方の緑の層は残ったからかろうじてうっすら画が見られる、そんなところですかねえ。絶対にこのフィルム1998年より前に使用期限切れになってる。違いないっす。

映写しても何が写ってるかよく分からないので、Minetteの名機、Viewer Editor S-5と乾電池駆動のライトボックスと10倍のルーペを持ち出して、一コマ一コマチェックして診ました。

フィルムのあたまはもう、すっけすけのスヌケです。何も写ってません。

十秒分ぐらい観ていくとうっすら画が出てきた!どうやら海岸を走る車窓から撮ったようです。

また、薄い緑の中に映像が埋もれてしまった。そういうところはエマルジョンがはがれまくってますね。

しかしこの被写体自体、どうみたって1998年じゃない。もっと前だ。

…あら、何か看板です。この看板にはなにがかいてあるのかな?

うーん、画が薄すぎてさっぱり分かりません。

険しい岸壁を横目で見ながら、車は走ります。ドア横のフェンダーミラーが、時代性を予見させます。

わかりにくいですが、右側の岸壁になにやら看板めいたモノが設置されてるのですが、さっぱり判読できません。

おっ!とうとう時代の指標が登場です!
マツダコスモ!1975~1981年の6年間リリースされていた車です!

これで大体、撮影された時代は分かってきました。1998年なんて大間違いでした。1980年前後デスねこれ。

時代はわかった。でも一体ココはどこなんだ!
またまた車窓からの撮影シーンが始まりました…おっとトンネルの看板だ!これはボーナスヒント!

ルーペでよく見ると、はっきりこう書いてあります。

今庄トンネル

…福井県だ!福井に向かう旅行記なんですねこの映像は!

ナゾはほとんど解けました。あとはこれは一体誰が撮ったのか…それはもう、どうにも分かりません。

さて、フィルムも最後のシーンに近づいてきました。
上手から下手へ移動する人物です。

ん?なんか看板がありますよ?

よくわからないなあ…映写してもわかりにくかったので、つぶさに見直しますと…

ルーペで観てみましたがほんの1コマだけ、看板が読めるコマがありました。

そこには、

ダイヤモンドクラブ 敦賀休暇村

とありました。

もう分かりました。
この映像は1970年代末から80年代頭にかけて、敦賀の方に向かってドライブをした記録映像です。最終目的地はダイヤモンドクラブ 敦賀休暇村。じっチャンの名にかけて。

ちょっと調べてみましたが、どうやら現存しないホテルのようです。数年前は廃墟として北陸で少し名の通った物件だったようです。感慨深いです。

しかしこの8ミリ、最後の最後で見事にいつどこで撮影されたのかの回答が仕込まれてる辺り、なぞなぞとしてとても面白かったです。

人の営みや記憶が、現像されずに放置されたまま…そのままそっとしてあげても良いのでしょう。

でも、今は、今回のこの良く出来たなぞなぞフィルムの体験で、記憶の発掘作業ががぜん、面白くなってきてしまいました。

9/9 自家現像パーティでナゾのフィルムを現像した

9月9日土曜日、世田谷の現像所で毎度おなじみの自家現像パーティに参加して参りました。

ワタシはこの日、BOLEX H16 REX-5で華麗に撮影をキメて、加齢に16ミリデビューを飾ろうと思っていたのですがいろいろとありまして断念。

その代わりに1998年頃に開封されたと語り継がれてるフジクロームR25を持って、現像所に参りましたのです。

そうです、インスタントコーヒー現像で飛行機の像が出てきた奴です。

30秒ぐらい未撮影部分が残ってたのでワタシが今年6月に米軍機を撮りました。それが上の写真中央の飛行機です。いちおう画が出てるから、もしかしたらカラーリバーサル現像に耐えられるかもしれない!と思ったのであります。

さて、ところ変わって世田谷の現像所です。

夏が終わったばかりですので、今日は客足もまばらです。

夏を越して、妖怪スポンジもかなりくたびれて笑顔が痛々しくなってきました。

ワタシは古いフィルムの現像をするので、現像所所長に「一番最後です!」と言われました。素直に順番待ちます。

でも、暇です。今日は人が少ないから話し相手もいません。
しょうがないので酒飲んで待ってると、

女性陣が「おいしいパン屋さんに買い物に行きましょう」というので、ワタシもついて行くことに。

途中でヤシカYXL-100を持った男子が加わり、ひとかけらのおいしいパンを目指して4人の珍道中となりました。

ちなみにこれがヤシカ YXL-100。原子マーク。

おいしいパンのある西方浄土はどうやらここです。boulangerie sudo。ワタシもここは気になっていたのです。早速店内へ

そしてそそくさと戦利品を持って店外へ。記念撮影じーっ。

1980年代の大学映画サークルみたいだなあ…

 

さて、現像所に戻っておいしいパンをもぐもぐしてたところで、まだワタシの順番は回ってきませんので暇。暇に飽かせて…

とても珍品なWittnauer cine-twinを発見!こいつはカメラなんですが、映写機にもなると言うとてもヘンテコな機材なんです。


この現像所の所長はどっから見つけてきたんでしょう。

暇暇暇!
暇こいてたら、現像所所長が「コレ治してください」と、
ロンドのスプライサーを持ってきました。

これらは、穴が開いてないロールテープを使うスプライサーで、左側がS8(シングル-8、スーパー8規格)タイプ。右側がR8(ダブル8。旧型8ミリ規格)タイプですね。
スプライシングテープは16mmのテープスプライサー用の現行商品が流用できますので、LPLの穴あきテープが製造終了されて久しい今後は活用の機会がありそうなのよね。

所長曰く「上のカッター刃がはずれてしまうんです」ってんですが、たってこんなの引っかかるところにちょちょっと引っかかりつければこんなのは…2分で修理完了。

暇つぶしにもならねえぞ!

あー暇だ…ロマンスカー発見!

ロマンスカーと言えば、
ウルトラQのあけてくれ!ですよね。
ウルトラセブンの緑の恐怖ですよね。

ようやっと順番が回ってきました。何度もレポートしてますので現像の段取りは割愛。

上がってきたフィルムは…すんごく緑色!

どうやら劣化してて、現像液の刺激でエマルジョンも一緒に溶け出しちゃったらしい。ドライウェルにわかめみたいなゴミがいっぱい入ってましたし。

こんだけ劣化してるから、相当前から開封されて空気に触れまくってたフィルムなんだろうなあ…

でも、かろうじて何か像が出てる。赤いエマルジョンとか全部取れちゃったんだろうけど緑だけ残ってるので、薄いモノトーンポジ像になってる。とにかく映写できそうだ。

さて映写してみるのですが…一体これはなんだ?

これ、いつの映像だ?この風景はどこなんだ?そしてこ、この車は!?

以下、次回!

 

 

インスタントコーヒーで使用期限切れの8ミリフィルムを現像する

インスタントコーヒーでフィルムが現像できるんです。

インスタントコーヒーの他には…

インスタントコーヒー
ビタミンC
炭酸ナトリウム(洗濯ソーダ。重曹じゃないです)

と、現像薬品と言うよりもキッチンとか洗濯機のそばにある生活雑貨ばっかりとずいぶんとハードル低い感じ。

コレを試してみようと。とは言ってもノウハウが分からんのでコーヒー現像で検索。

世界各国でコーヒー現像は行われてて、「Caffenol」さんが情報の総元締めみたいなところというのがわかります。そして日本語のサイトもたくさん見つかりました。

その中で今回は「ちいさなひかり」さんのページを参考にしました。

これら6種類のフィルムを選びました。未現像フィルムってたくさんいただくのですが、せっかくだから何が写ってるのかみたいじゃないっですか。左上から順番に、

1.Kodachrome40
2.Kodachrome40
3.Ektachrome160 type G
4.Fujichrome R25(上下テープ止めの旧型)
5.Fujichrome R25
6.Tri-X

たぶん、4番のフジクロームR25はとても古いと思う。これ、画が出るかな…

準備です。コーヒーを計ります。

 

ビタミンCも計ります。

重曹(炭酸水素ナトリウム)をフライパンで炒ると炭酸ナトリウムが出来ます。アルカリ性が強くなるので手に触れると荒れますのでここからは手袋した方が良いです。

粉からぽこぽこあぶくが出てこなくなったら炭酸ナトリウム(洗濯ソーダ)になってます。

あとはコレ全部水で溶かして…現像タンクにぶっ込んで…

現像→水洗→定着→乾燥

はじめてのコーヒー現像はさて…

全体的に真っ黒けでOTZですが、よーく見ると、像が浮かんでる!
2段半開けた写真には、確かになんか浮かんでる。
しかも、今まで一度も像をむすんだことにないEktachrome 160 Type Gまでなにやら写ってる。
左から、
1.Kodachrome40
2.Kodachrome40
3.Ektachrome160 type G
4.Fujichrome R25(上下テープ止めの旧型)
5.Fujichrome R25
6.Tri-X
1.のKodachrome40は、人物が写ってますね。これは古い開封済みフィルムで初夏に撮影したモノです。
2.のKodachrome40は、以前通常の現像液で端尺現像してみてもダメだったモノで、やっぱり画が出ません。
3.のEktachrome160TypeGは下の方にフレームが写ってる。
しかし像ははっきりしない。こちらは今まで現像トライしてますが何も画が出てなかったモノなので意外です。

4.のfujichrome25は、今までどんな現像をしても全部真っ黒。芯から真っ黒。このフィルムだけはもしかしたら、いろいろカメラテスト用とかに使われて完全に感光しちゃってるかなあ。あと、このフィルムはやっぱり古いのよね絶対的に。

5.のfujichromeR25は、6月中旬に昭島でたまたま撮った米軍機がしっかり写ってます。このフィルムも開封済みを途中から使ったモノですが、今んところ何かしら像は出てます。

6.のTri-Xは、中外の印画紙用現像液でやったときよりはダメです。このフィルムの仕上がりはもっと良いだろうと踏んでたので意外です。

4.のフジクロームR25は何やってもダメそうなので、現像トライするのはあきらめましょう。また、2のコダクローム40もダメそうです。

コーヒー現像、意外にイケてます。もちろん、モノクロネガ現像しか出来ないので、あとでテレシネしてポジ画像にしないと何が写ってるか正確にはわからないんです。

未現像フィルムは、その古さや保存状況によってはリバーサル現像の行程に乳剤が耐えられないほど劣化してる場合もあります。そんな脆弱な未現像フィルムでも、負担の少ないモノクロネガ現像ならば像を結ぶことがあります。もしかして貴重な映像が映ってるかも?そんな期待を胸に、モノクロネガ現像、そして環境の負担の少ないコーヒー現像というのは、検討するに値する手段なのかも知れません。

ただ、コーヒー現像はやっぱり市販の現像液よりムラがあります。

7/30 8ミリフィルム現像パーティにおじゃま

8ミリフィルム現像パーティに、今月も参りました。

入り口には赤ちゃんのフィルムが、真夏の風にひらひらと舞ってました。

中にはいると…シングル-8カメラのデザインを多数手がけた、水川繁雄さんが現像に参加されておられます。ビックリです。

蒟蒻屋の娘が、またもや現像のお手伝いをかいがいしく務めています。

現像終わったシングル-8フィルム。これからバックコートをこそぎ落とす作業に取りかかります。

現像用スポンジで、フィルムにこびりついてるバックコートを、丁寧に擦り落としていきます。これがとてもめんどくさい。

バックコートが取れたら、安定浴をして、

 フィルムを干していきます。手伝ってるのは当現像所の所長。

フィルムをうんと引っ張り出して、だいたんに洗濯干しにフィルムをぶら下げていきます。

現像直後のフィルムはとても鮮やかな青色に染まっているのですが、乾燥するにつれては透明になっていき、被写体の姿が現れてきます。

フィルム現像の楽しみ、ここですねー。セミの脱皮みたい。観てるとどんどん完成されていく。生き物ですね。

蒟蒻屋の娘が蒟蒻屋たるゆえんはこの、前掛けであります。

 

さて、この「ドッカンbyフジカワ」というのは何だろう…

なんと!これは現像用タンクであります。塩ビパイプを加工して作った自家製とのこと。2.5リットルも入るので、これだったら16ミリフィルムを50フィートぐらい現像できますね!

(ワタクシは今、16ミリカメラをいろいろと準備してるのです)

さて、現像パーティもだんだんと人が増えて参りました。現像所の奥では、映画関連書籍を読みふける若人たちの姿が。

読んでる人たちと、それを見つめてる人と、現像補助を続ける人といろいろです。ちなみに黒いシャツの女性が読んでる本は私も持ってまっす。

と、この辺りですっかり酔いが回ってきてしまいまして…あとはなんだかずっと寝込んでました。

お酒強くないんですが、なぜか安いぞうさんワイン1本ひとりで飲んでしまい…もう何が何だか。

みなさん、フィルムを現像するときは体に毒な薬をいっぱい使うので、お酒を飲んだりしてはいけませんですよ。

 

8ミリ日が沈まナイト@千歳烏山

 

5月27日土曜日、千歳烏山駅前で路上演劇祭と言うイベントがありました。

 

路上演劇祭というので、駅前でお芝居してるのかと思ってましたら、ゆったりとバンドが演奏したり、


自作の詩を朗読したり、


昭和のヒットソングをカラオケ熱唱したり、パントマイムをしたりと、素人さんの芸の無礼講地帯となっておりました。

さて、そんな路上演劇祭の中で開催される「日が沈まナイト」は、数時間で8ミリフィルムの撮影→現像→上映までやりきっちゃう!イベント。まさに八甲田山なみの強行軍、大いそがしな企画ですね!

というわけでテントを覗くと、バリバリ現像してる。

んで、バケツでフィルム晒してる!

 

んで、 フィルムを干す!

そしたら映写機のセッティングをはじめて…

ついでに看板なんかこしらえて。

看板作ると、通り過ぎる人たちが質問してくるナイト。いやデイ。答える阿部さん。

残念ながら私は上映会までは視られませんでした。

上映会の模様は、「8mmFILM小金井街道プロジェクト」のfacebookで視られますよ。

https://www.facebook.com/8mmFKKP/

使いやすい現像タンクはどれだ!?

2回ほどインスタゲン現像タンクで8ミリフィルムを現像してみたが、どうも現像液の注入&排水に時間がかかりすぎるようだ。

現像し過ぎとまた現像ムラを回避したいので、できるだけ注入と排水は短時間で済ませたい。

まず、インスタゲン現像機にお水を入れてみる。インスタゲン現像機はだいたい500ミリリットルで済むのだが…

なんと、注入に約1分もかかるのだ。これ以上早くするとあふれちゃうから早くできない。うーむ。

続いて排水は、 

インスタゲン現像機の排水は約22秒ぐらいかかる。

続いて、LPLで売られてた旧型のオールステンレスタイプの現像タンク。これは大体1リットルの現像液が入る。8ミリの現像には昔からよく使われてるサイズはコレ。

注入は18秒ぐらいで済む。インスタゲン現像機の1/3の時間であります。

続いて排水は…おおよそ10秒。

インスタゲン現像機は、普通の写真用現像タンクの半分の現像液量にもかかわらず、現像液の入り口が狭いために、

注入で3倍、排水で2倍の時間が必要になってる。

現像時間の調整でどうにか対処できるモノか?それとも難しいか?まずは買ったばかりのLPLステンレスタンクの自家現像実験をしてみよう。

8ミリフィルム専用現像機で30年前のシングル-8フィルムを現像してみた-その4-

1988年に使用期限切れのシングル-8フィルム「FUJICHROME R25 SOUND」の現像結果は…

ちなみにリールはTAYLOREEL製。

もう一度おさらいしておくと、

テスト状況
・1988年9月に使用期限切れのFUJICHROME R25 Sound
・30年前から開封済み。最長30年間空気に触れてた
・途中まで撮影されていたので、追加撮影した
・追加撮影カメラはFUJICA ZX550 Sound。

チェック項目
・30年前のフィルムを現像したら画が出るか?色が出るか?
・既撮影箇所と、追加撮影した部分で違いが出るか?
・このカメラは今でも同録できるか?

現像薬剤 TETENAL COLORTEC E-6 3-BATH KIT
現像機材 Super8 Daylight Tank(=インスタゲン現像機)
現像手順(予定)
1.ドライウェル 3分
2.ファースト現像 6分
3.水洗 4回
4.カラー現像 4分
5.水洗 4回
6.漂白 4分
7.安定 5分

実際の行程(実際)
1.ドライウェル 4分ぐらいかかった
2.ファースト現像 7分ぐらい/現像液を十分に入れなかった
3.水洗 5回以上
4.カラー現像 4分
5.水洗 4回
6.漂白 4分
7.安定 5分

と言ったぐだぐだな行程で仕上がったのは…

ほのかにピンクだけど、とても透明なフィルム!

30年前に撮影された部分と、2017年4月16日に撮影された部分は、うっすら濃度が異なる
30年前の撮影部分はまったく像が見えない。
追加撮影部分は電車から外を撮ったところ…つまり絞り開放状態で屋外がピーカンで白飛び起こすような露光状況でかろうじて何か写ってるな…と言う程度。

コマを抜いてもまったくわからないため割愛します。

ファースト時で、現像液がタンク内に足りていないことを現像所の所長さんから指摘された。
後から継ぎ足すが、タンクが傾いていたために注いでもあふれてしまう。

そう、インスタゲン現像機は水平なところでないと作業できないのです。ここが最大のミス。

パーフォレーションの上に磁気帯があるのでわかりにくいだろうが、パーフォレーションの間が現像されていないようだ。本来、未露光で黒く残る箇所だが他の箇所も透き通ってしまってるところから考えるに、これは未現像だと考えられそうだ。つまり、現像液が触れてなかったようだ。

拡大してみてみる。マイネッテS-5エディタの画面でわかりにくいが、左側の帯が上記の未現像部分。中央は乳剤面が割れてはがれてしまってるところ。既撮影部分はこのように乳剤が割れてしまってるところが散見された。

指さしている部分から濃度が変わってるのがおわかりいただけただろうか。左側が追加撮影部分だ。

この辺りも、パーフォレーションから上が未現像のまま。(未露光の可能性もないわけではない)

未現像領域が太くなる。普通はここまで黒い部分は画面領域まで食い込んでこない。つまり現像出来てない。

エディタ画面では、はっきりと左側に黒い縦帯が入ってしまう。

うーん、いろいろと失敗しています。
インスタゲン現像機で現像するためには、下記の2点は必須で、

・水平な場所にインスタゲン現像機を置いて作業する
・現像液は十分に、しかも速やかにタンク内に注入し、速やかに排出する

そして、ボトル式の現像タンクとは、攪拌時間とか反応時間とかが違うかも知れない。

薄いピンク色で透き通っちゃったのは、フィルムが古いせいなのかワタシの作業がまずいのか分からない。だから、

・新しいフィルムでテストしてデータをとる

この作業が必要。

当家には1987年から開封済みのフィルムだってあるのだ…

それどころかシングル-8はまだこれだけ手元にあるのさ…ほとんどが90年代のストックで2000年代のフィルムは10本ぐらい。

しかし、この件を書いたところ、トルコから「80年代のフィルムなんてオレにとってはFresh Stockだ!」と少し変わった勇気をくださる人が出てきた。

また、古いフィルムはカラー現像をあきらめてモノクロネガフィルムとして使えばよいと、大西健児さんに以前から示唆頂いてる。やはり80年代のフィルムはもう厳しいのはわかってるのだ。

古いフィルムは用途を考えて楽しみたい。
新しいフィルムは国内外の現像所で適切に処理したい。

まだまだ試すことありそうですが、次回はもっと丁寧にやりましょう。

8ミリフィルム専用現像機で30年前のシングル-8フィルムを現像してみた-その3-

ガレージに見えますが現像所のはずです。

現像の仕方が書いてありますから、間違いありません、ここが世田谷の現像所です。

現像所と分かれば後は現像するのみ。さっそく撮影済みのFUJICHOME R25 SOUNDを抜き出して、インスタゲン現像機に装填します。

※写真のたこ焼きや金麦、一番搾りは現像には使用しません

すごく割愛しますが、現像はカラーリバーサルフィルムの標準処方であるE-6の互換処方でおなじみの、TETANAL COLORTEC E-6 3-BATH KITを使ってます。

他の現像体験者さんたちを横目に、いろんな現像液を入れたり出したり水洗したりを繰り返します。

 

そうそう、汎用タンクの場合の攪拌は、シェイカーみたいにふりふりしますが、

インスタゲン現像機はクランクを回して攪拌するのが違うのですよ。だから、軽くてらくちんです。思わず笑みが出ます。でも、そもそもこれでちゃんと現像出来るかどうかはわかんない。

もうフタを開けても大丈夫。キレイに巻き取れてるでしょう?練習の成果です。もう巻き巻きは大丈夫です。

ここまで分かったことをまとめますと…

■インスタゲン現像機で作業する弱点は…

1.水平なところでないと液が吹きこぼれる
2.現像液の口が小さくて、液の出し入れがしにくい

そして、ボトル現像と比べて、インスタゲン現像機を使ったときの利点を想像すると。

■インスタゲン現像機で作業する利点は…

1.フィルムの重なりによる未現像がないのではないか?
2.ぐちゃぐちゃにしないからフィルムのダメージが少ないのではないか?

というところ。ボトル現像にはときどき、これらの不具合があるのです。

作業は続きます。ここからは日中作業です。シングル-8フィルムはハレーション防止層=バックコート=バッキング=Rem Jetががっちりベース面に塗られてますのでこれを現像用スポンジでぬぐいます。すごくメンドクサイです。

洗った後に最後の処理。

乳剤面が上になるようにハンガーに掛けて乾燥します。

現像体験者があとからあとからやってきます。いつしか夜になりました…

そして、現像体験参加者は入れ替わり立ち替わり、夜になってもどんどんやってきて…

…終わりが見えません。そしてチェコのお客様まで登場で大混乱。

これではらちがあきません。上映会のために、フィルムをドライヤーで急速乾燥します。 

 

天井から、半透過スクリーンを垂らします。裏側からELMO GS-1200で映写スタート。現像所が屋外映画館に早変わりです。

裏側からなので左右は反転しちゃってます。

 

ネガフィルムを持ち込んだ人もいました。なかなかトリッキーな映像でしたね。

自家現像パーティはこれにて終了。さて、果たしてワタクシの1988年期限切れのシングル-8はどうだったのか…

 

8ミリフィルム専用現像機で30年前のシングル-8フィルムを現像してみた-その2-

8ミリフィルム専用現像機「インスタゲン現像機」のフィルムロード練習は完了。
お題の第2ステップ、30年前のシングル-8フィルムが果たして使えるか?にチャレンジ。

1988年に使用期限のシングル-8、 FUJICHROME R25 Sound。

しかもこれは、中古カメラ買ったら装填されてた奴。つまり、およそ30年間、空気にさらされてきた生フィルム。

おまけに撮影途中。まだ未撮影部分が残ってる。

こんなもん、まともに画が出るわけがない。でも、どれくらいダメなんですかね?真っ白?真っ黒?なんか見える?まったく見えない?

・29年前に撮影されてる部分は現像出来るか?
・新たに撮影した部分は現像出来るか?
・カメラはちゃんと録音できるかしら?

 

ワタシは同録フィルムがキライで1983年以来、人の撮影手伝い以外に自分では使ったことがない。34年ぶりの同録撮影であります。

次は三軒茶屋~次は三軒茶屋~。道々ちょっとずつ撮影します。

時々ガソリン補給します。

世田谷のとある路地に入ったらFUJICA ZC-1000で撮影してる人がいる。現像所はここに違いない。

ちょうどフィルムも終わった(なんて奇跡的なペース配分!)。さて、これからが第3ステップ。30年の歴史をひもとく現像作業にチャレンジ!

8ミリフィルム専用現像機で30年前のシングル-8フィルムを現像してみた-その1-

 

8ミリフィルム専用現像機=インスタゲン現像機を使ってみる

かつてはムービーフィルム用の自家現像タンクがいくつも売られていました。
その一つがこのインスタゲン現像機(元々は米国の”Super8Daylight Tank”)。

幅8ミリx長さ50ftフィルム用なので、スーパー8かシングル-8が現像出来ます。

日本で8ミリフィルムの自家現像にチャレンジする方の多くは、普通の写真用の汎用の現像タンクを使います。

海外だとLOMO UPB-1Aという真っ黒な土鍋現像機をよく見かけますね。これは8ミリ/16ミリ/35ミリも現像出来るなかなかタフな奴。

では、S8タイプフィルムの専用機であるインスタゲン現像機の使い勝手はどうなんだろう?

テキストはほとんど海外にもありません。これはもうチャレンジするしかないっす。

(玄光社 月刊小型映画1980年6月号より引用)

インスタゲン現像機は、フィルムをらせんの溝が掘られたスノコ状円盤に巻き巻きして、隙間に薬液を均等に流し込んで現像するという仕掛けで、上記のLOMO UPB-1Aと基本的な構造は同じ。

もちろん光は厳禁なので全部暗所で作業しないといけない。つまりは手探りだけでできるようにならないとダメ。

というわけで練習。まずは日中でテストフィルムを円盤に巻いてみます。

…うーん、なんだか釈然としません。
こんなに隙間がバラバラではダメだ。

均一に巻けてないと薬液がフィルムに均等に触れないよね?現像ムラを起こすはずだ。

やり直し!

…前半はキレイだが後半はダメ。指さしているところはフィルムが重なってしまってるから、ムラどころか未現像になってしまう。ダメ!ダメ!

再度トライ。試しに目をつぶって巻いてみると…

うわ…テッテ的にダメ。全部が芯に巻かれちゃってる。

どうしたらいいのかな…先ほどの数少ないテキストである、月刊小型映画1980年6月号のコピーをもう一度読み込むと、ここで使い方がそもそも2つ、間違ってることに気がつく。

 

どうやら写真左下のように、

○下のらせん円盤+透明の上円盤を組み合わせた状態でフィルムを巻かないとダメ

○フィルムの巻き癖に逆らってらせん円盤の溝に巻き付けないとダメ

で、やってみると…これでしょう!この均等な隙間。コレでいいはず。

フィルムのおしりはサービスリールに巻き込まれていたところに強い折り癖が付いてる。ここはどうにもならないから巻き込んだら切っちゃうといいかもしれない。

巻き込み手順は分かった。あとはこれがダークバッグ内で作業できるように練習しよう。