どうしてもコダクロームが必要な時は!

kma464p_front_big

ドイツの小型映画機材ショップ、Wittner Kinotechnik
で、「Wittner Chrome 40T」と称して、中身がコダクローム40のフィルムを販売し始めたとの事。

フィルム原反自体の製造は終わっているので、これも長く提供できる商品ではないと思いますが、どうしてもコダクローム40が入手できない場合の選択肢の一つにはなるかと思います。

Velvia 50Dの8mm画像雑感

先日、「素人による8ミリ映画の部屋」が主催する「東京8ミリシネ倶楽部」の上映会に行ってきました。
その場で、富士写真フイルムのスライド用フィルム「ベルビア50D」を裁断鑽孔して、シングル8カートリッジに詰めた試作フィルムの映像を見る機会がありました。

平成2年に登場したベルビアを8mmにと言うのは時々耳にする話です。海外の業者では、希望者が持ち込んだフィルム原反をスーパー8カートリッジにするサービスをしていたことがあり、その中でもベルビアは名前が挙がってきておりました。

また、富士写真フイルム内でもベルビア(の乳剤)をシングル8に採用しようか、と実験されたことがあります。1991年頃だったか、コダックがエクタクローム160 TYPEAをやめると発表したのと同時期だったと記憶しています。

ベルビアを8mmに、と言うこれらの動きは、おそらくこのフィルムが、微粒子かつ超硬調なトーンを持つためだと思われます。

見せて頂いた映像は、大変にシャープネスが高いものでした。また、ハイキーな画面では色が白っぽくなるのは当然ながらも、飛んでしまうことなく階調を保って描写をしていました。
色は、ベルビアそのものです。Z800で撮られたため、あの機種ならではのやや地味目な色付けがありますが、藤色が強く立ってくるベルビアならではの派手派手な風味はまさにベルビアです。

フジクロームR25とはまったく違いますし、コダクロームにも似ていません。もちろん現像後はスーパー8フィルムと考えた方がいいのでフジクロームとはまとめられず、かと言ってコダクロームとは色の方向性がかなり違うフィルムですので、こちらもまとめると違和感が生じると思います。

また、残念なことにこのベルビア50Dと言うフィルム自体はすでに生産終了し、在庫限りの商品です。継続して供給されるフィルムではないのです。
リバーサルフィルムではコダックだんぜん優位だった時代の流れを変え、その後富士写真フイルムが次々に性能の高いリバーサルフィルムを生み出すきっかけとなった商品なので少々残念な感じも致します。

しかしそれよりも何よりも試写を見て感じたのは、富士写真フイルムが納得行く価格で最新の乳剤を採用した新しいシングル8用フィルムを出したらいいなと言うことでした。気軽に使える、リーズナブルな現像代でサービス提供してくれるのならばどれほどいいことだろうか、と。

昨今の銀塩業界の事を考えればそんなのはゆめまぼろしの話なのかも知れませんが。

エクタクローム64Tが使えるカメラを見分ける方法 -Super8wikiより-

エクタクローム64Tは多くのスーパー8カメラで、感度設定が正しく読み取れずに適正な露出で撮影することが出来ません。
多くの場合は、2/3段ほど露出オーバーな結果になります。ネガフィルムではなくリバーサルフィルムですから、露出オーバー撮影の結果はけっこう如実に画面に現れます。

エクタクローム64Tが適切に使えるカメラとして、もっともありふれているものは、
キヤノンの814や814エレクトロニク、814XL-S、同様にキヤノンの1014エレクトロニクや1014XL-Sなど。中型機ではオートズーム518SVスーパーなど。ニコンは全4機種すべてが対応していますが、エルモの104、106、108、110なども対応してますね。

他にも64Tが適切に使えるカメラは存在します。オオノ隊員とあたくしとで、実際にチェックしたカメラについては、「エクタクローム64T対応のカメラ」にまとめましたが、世界のスーパー8カメラの全容をとらえることは不可能です。

この記事をお読みの方で、お使いのカメラが、果たしてエクタクローム64Tが使えるのかどうかわからないなあ?と思っている方に、カートリッジの感度設定をちゃんと読み取れるかどうか、それを簡単にチェックする方法をご案内致します。

ものさしでチェック
とある「ものさし」を使って、エクタクローム64Tが使えるかどうか、ご自身のカメラをチェックしてみましょう。
ここで言う「ものさし」とは、Super8wikiでダウンロードできる、「Super8 notch Ruler」の事です。これを使うと、ご自分のカメラがエクタクローム64Tやエクタクローム100Dに対応しているかどうかわかります。

speed_set_ruler.jpg

pdfファイルをダウンロードしてプリンターで印刷。なんだか色がシマシマになっておりますが、これはあたくしのプリンタのインク切れのせいです。気になさりませぬように。
右側の白い部分中央に、線がありますね。
これをカメラのフィルム室前面中央のピンの中央に合わせます。
そして、0.2?1.0の刻みにあわせて、カメラ側にピンが用意されているかどうか確認します。

キヤノンオートズーム1014エレクトロニクの場合

1014e_speed_set.jpg

これはおなじみキヤノン1014エレクトロニク。0.3?0.8の間まで6段階のピンが用意されています。

ついでに右側も見て頂くと、ここにもピンがあります。これは、フィルムがタングステンタイプかデイライトタイプかを読み取るピン。
カートリッジにノッチがあると、ここは押し込まれずに伸びたまま。ノッチがないと押し込まれて、色温度変換用フィルターが外れます。(70年代中盤以降に発売された安価な機種や中級機、一部の高級機ではこのピンが用意されていないことがあります。この場合は自分でフィルターの出し入れをしてください)

さて、先ほど読み取った0.3?0.8のラインに沿って、この「ものさし」の左側を見ると、0.8のラインをたどるとTungstenのところに「40」でdaylightのところに「25」とあります。同様に0.3のラインをたどると、Tungstenのところに「400」でdaylightのところが「250」とあります。

同様に、その間に設定されているピンを全部読み取っていきます。この数字は、このカメラが設定できるASA感度となります。

ですから、
タングステンタイプで ASA40/64/100/160/250/400
デイライトタイプでASA25/40/64/100/160/250の設定があるカメラだ、とわかります。

具体的にフィルムに当てはめると、

デイライト/タングステン使用として
25/40…(生産終了・タングステンタイプ)コダクローム40

40/64…(現行商品・タングステンタイプ)エクタクローム64T

64/100…(商品無し)

100/(160)…(一部ショップメイド販売・デイライトタイプ)エクタクローム100D
100/160…(生産終了・タングステンタイプ)エクタクローム160 TYPEA

160/250…(生産終了・デイライトタイプ)エクタクローム160G

これらのフィルムが使える(使えた)カメラであるとわかりますね。

ニコンオートズーム8Xの場合

nikon8x_speed_set.jpg

次に、ニコンオートズーム8Xを見てみます。ものすごくシャープなレンズに、フォーカスが大変合わせやすいシャープなスプリットイメージ式距離計を装備した、質実剛健かつ使いやすいカメラです。あとシャッターの構造が改造に向いていて・・・おっとこれは別項にて。

写真が暗くて恐縮ですが、この機種では感度設定はピンではなくて、銀色のレバーが左から右へ、スーパー8カートリッジのノッチに沿うことで読み取るのです。その読み取り幅はスーパー8カートリッジの感度設定域すべてをカバーしてますので、早い話どんなフィルムが来ても読み取れる、と言うことになります。
同様のレバーで読み取るのは、NIZOのサイレントシリーズの中級機に採用されていたりもします。他にもありますが。

ただ、規格外のフィルム、たとえばエクタクロームVNF 7240やVISION2 200T、同VISION2 500Tなど、感度自体がスーパー8カートリッジ規格に入っていないものはこの限りではありません。

ASA64に対応していないカメラの例

nizo156m_speed_set.jpg

 

これは、NIZOのコンパクトタイプ機。
このカメラは、100/160の所にしかピンが存在しません。
こういった場合、ピンが押されていない状態ならば自動的にASA160(タングステン時)のフィルムが入っていると見なす機構になっているのです。逆にピンが押してあると、ASA40のコダクローム40が装填されている、と読みます。
つまり、ASA25/40のフィルムと、ASA100/160のフィルムしか正しく感度設定が出来ないカメラだとわかります。

このものさしを使って、「わたしのカメラは64Tが使える!」「ぼくのはダメだ」とかご報告頂ければ幸いです。別途まとめて、リストを更新していきたいと思います。

コダクローム現像は2006年8月1日まで

kma464p_front_big

先日、ヨーロッパでは今年の9月に現像終了が噂されていると書きましたが、
米コダックから、今年8月1日にコダクロームのスーパー8の現像を終了する、と発表がありました。

http://www.kodak.com/US/en/motion/about/news/kodachrome06.jhtml

この日以降は受け付けない、と書いてありますので近日中にカメラ店でも告知されるかと思います。少なくとも、日本からコダックへの配送に余分な時間が必要ですので、8月1日以前の締め切り日が設定されるのではないかと思われます。

また、同様にコダクロームの16mm版の現像も年内に終了予定とのこと。

24Pビデオカメラ AG-DVX100Aでテレシネ実験

24fpsのプログレッシブで撮影できるDVカメラ、パナソニックAG-DVX100Aで24fpsの8mm映画をテレシネしたらどうなるのか?
もしかしてフリッカーのない映像が撮れるかも知れない、そうしたらいろんな福音になるだろうと言うちょっとしたいたずら程度の実験です。

きっかけはパナソニックAG-DVX100Aの評価機を一瞬だけ借りられたこと。最近これの上位機種でハイビジョン対応のAG-HVX200というのがリリースされた人気シリーズ。

http://www.muddyfilm.net/images/dvx100a.jpg

これらのカメラのシリーズはフィルムルックを作品に求める際に、ポスプロでなく撮影で決めていくべきと言う思想の元に開発されてます。高い操作性に機能に加えて、スケジュールも重視できるきわめて現場チックなカメラ。
サイト「AG-H/DVX Fan」で活発な意見交換がされております。

さて、映写機はフジカスコープSD25ステレオクオーツコンピュータ。出来るだけ正確な映写スピードでチェックがしたかったのでこれを選びました。

http://www.muddyfilm.net/images/sd25.jpg

フィルムは当方が撮影で参加した、24fpsの劇映画ものを選びました。編集箇所がないと条件良すぎますからね。

今回はテレシネの画質を研究するのではなくて、あくまでも対フリッカー実験。壁に貼り付けた白い紙に映写して、それをやや斜めから再撮影するだけ。
24Pモード撮影と後に書く24PAモードで撮影。シャッタースピードは57-58辺りで調整してみました。

結果から申しますと、「ぴったりと合う場合もある」と言うところでしょうか。瞬きもなく大変にクリーンな映像が撮れるときもあり、また少しタイミングがずれているのかな?と思えるような時もあります。

面白いのはAG-DVX100Aには24プログレッシブ・アドバンストというモードがあるのですが、これはプルダウンを普通の2:3方式ではなく、2:3:3:2の繰り返しでやるもの。これで撮影すると、連続した動きが一旦戻るように撮れました。実際にコマを送ってみると確かに戻っているのですが、プルダウンの仕方の違いでこんな画になるのかなあ?とこの点はちょっと不思議です。

時間がなかったので実験という名のいたずらはここまでしか出来ませんでしたが、もうちょっと落ち着いてトライしてみたいなと思っております。

コダクロームの今後の現像と、海外現像への挑戦

肝心の現像はいつまで行われるのでしょうか?
日本のコダックでは日取りを明らかにしていないのですが、ヨーロッパでは2006年の9月に終わり、と言う噂がよく流れています。つまり、スイス・ローザンヌにあるコダックの現像所での現像はそこで終わり、という事のようです。

ところで、今ローザンヌに送るとなんと一週間で戻ってきます。

kma464p_front_big.jpg

あたくしが使っているコダクローム40は写真にある、ヨーロッパで販売されていた現像料金込み&現像用封筒付の「KMA464P」と言うナンバーの商品。
これは、撮影後に普通に日本の郵便局で売っている切手240円分を貼って普通のポストにポンと投函すれば、現像されてあたくしのおうちのポストに届いているという、なまけものには最適のシステムです。
全世界的に現像が殺到しているのでしょうか、日本→スイス→日本で月曜日に投函したら翌週の月曜日に普通郵便で届いている超スピード。おまけにこの手軽さではものぐさに拍車がかかりまくりです。シングル8の現像をヨドバシカメラに持って行くよりも遙かに手軽でした。最初のフィルム入手には手間がかかりますが、実製作にはどんなフィルムよりも楽ちんなのでした。

そんな大変に便利な「現像料金込みフィルム」システムは、コダクロームのムービーフィルム一般にあったサービスで、16mmやダブルスーパー8でも同様のサービスがあるのです。
しかし、コダクロームのムービーフィルムの代替品として登場したエクタクローム64Tなどではこのサービスは撤廃されています。あたくしは残念至極、と言うレベルですが、そんなサービスが当たり前だった欧州では、結構なブーイングがあったのです。
聞くところによると、ドイツではエクタクローム64Tのランニングコストはコダクローム40より高くつくそうで、なるほど不満は二重、というわけです。

さて、コダックのスイス・ローザンヌでの現像が終わってしまった後、どうしても現像したい場合はどうしたらいいのか?
ここに、唯一の救いがあります。

K-14 Movies.com

これは、いろいろなフィルムの現像サービスを行っているアメリカの
Dwayne’s Photo

の映画用フィルム専門現像部門です。(コダクローム現像は現在こちらで受付 2009)

この会社は、サイトのトップにこのような文を載せております。

We will continue offering processing for all types of Kodachrome film INCLUDING Super 8 film. As long as Kodachrome film remains available in 35mm and 16mm formats, we intend to offer processing for ALL formats of Kodachrome film.

訳)私たちは、スーパー8を含むすべてのタイプのコダクロームフィルムの現像処理を提供し続けます。コダクロームフィルムが35mmや16mmのフォーマットで利用可能な限りは、すべてのタイプのコダクロームフィルムの現像処理を提供し続けるつもりです。

・・・と、大変に頼もしいマニフェスト。
サイトにある料金表を見ると、スーパー8の50ftカートリッジだけでなく、200ftカートリッジ版、ダブルスーパー8、そしてどこかの業者がこしらえてるダブル8/レギュラー8版、16mm版のコダクロームまで現像サービスが設けられております。
おまけにこの会社は、エクタクローム64T(スーパー8)とエクタクローム100D(16mm)の現像もしています。
64Tの現像代は9ドルで、返送代が最初の1本は5ドル、1本加わるごとに25セント追加という、かなり良心的でリーズナブルなご様子。カード決済だけでなくmoney order(国際郵便為替)での支払いも可能ですから、カードのない学生さんも利用可能でしょう。

海外現像には不安がつきまとうと思いますけど、よく考えれば今までもカメラ店からケイジェイイメージングが集めたフィルムを、レトロ通販が中継してドイツ・アンデックや米・プロ8に送って現像されていたのですから「海外現像」である事には代わりはありません。
一部の海外の現像所の現像トラブルが発生しているのは耳にしていますし、実際にあたくしも体験がありますが、挑戦してみる価値はありそうです。
ちなみにあたくしはK-14movies.comを使ったことはありません。まずは手持ちのコダクローム40はこしらえ中の作品で使い切ったら、スーパー8についていろいろ海外の現像所の利用を試してみたいと思っております。

コダクローム40の現状

kma464p_front_big

昨年夏に、生産が終了してしまったコダクローム40。年末年始はまだ店頭に在庫がありましたが、3月現在ではさすがに在庫が見あたらなくなりました。

これは海外でも同じようです。

海外から頂いた情報によると、3月16日現在では、

フランス・カンヌ・・・昨年晩秋にはすでにない。

イギリス・ロンドン・・・最近コダクロームが入手不可になった。

オーストラリア・・・入手不可

ドイツ・ベルリン・・・まだ一部の店にはあるが風前の灯火。

とのことです。

8mm携帯プレーヤーその2 バンダイ ミニクル

約10年頃前にも8ミリフィルムを使ったポータブル・プレーヤーがリリースされていたのとの事です!
オオノ隊員さんから、バンダイ製の「カセットプレーヤー ミニクル」という映像玩具の情報を寄せて頂きました。

minikuru.JPG

見た目はソニーのハンディカムにそっくり。

カートリッジはこちらです。収録作品は『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)。

minikurufilm.JPG

他には『ビーファイターカブト』や『セーラームーン』などのヒーローものやアニメ作品のタイトルがずらっとリリースされていたようです。

「くるくるてれび」は約20年ほど前の商品ですが、「ミニクル」は10年ほど前。
探せば新品に近いものが入手できると思います。

「くるくるてれび」と大きく違うのは、カートリッジの大きさです。くるくるてれびは直径10センチほどのカートリッジにフィルムが入ってますが、「ミニクル」のカートリッジは数センチほど。

カートリッジが簡単に分解出来るかどうかはまだ未確認ですが、短めの作品を見せるのなら「ミニクル」がよいかもしれません。

「くるくるてれび」にしろ「ミニクル」にしろ、フィルムのあたまとおしりをつなげて無限上映出来るメカニズム。
なんか面白い作品が出来そうな予感があります。

CANON DS-8

キヤノン DS-8

ds8_side.jpg

OVERVIEW

ダブル(ラン)スーパー8規格フィルムを使う数少ないカメラの一台。

ダブル(ラン)スーパー8とも言う16mm幅のフィルムは、スーパー8やシングル8と同じ大きさのパーフォレーションが空いているダブル8、と考えるといいでしょう。ただずっと長く、100ftのスプール巻きです。ですから、装填にはダークバックが必要になります。現像後に、真ん中から縦に切り裂くと、スーパー8のフィルムとして映写できるようになります。これは、現像所の作業になります。100ftのスプールですが、右半分と左半分を使うので、都合200ft分撮影できるというしろものなのです。

スーパー8の50ftカートリッジで巻き戻しを行っても最大100コマ前後と思って頂ければいいです。ところが、DS-8はカートリッジの制約がないカメラですので、巻き戻しだろうが何だろうがいとも簡単に行えるのです。加えて、もともとキヤノンの16mmカメラ「スクーピック」のボディを流用した頑丈な作り、フレームカウンタ内蔵など、細かいもの作りには適しているカメラなのです。
もちろん、コダックの渋い発色のフィルムが使いたいのが大前提にあります。普通のショットはスーパー8のカメラで押さえておいて、特殊な部分だけこれで撮影すれば、いいと言うことですな。

さて、レンズはキヤノンの8倍ズーム。手動のみになります。キヤノン814のレンズ流用と類書には書いてありますがはたして。

絞りは6枚羽根式で、基本的には外測式EEです。マニュアル絞り調節はもちろんついていますので、しっかりと合わせて下さい。

フィルムの感度設定ダイヤルがあります。一般的なスーパー8カメラだと、カートリッジの感度設定ノッチで自動的に(ちょうど、35mmスチルカメラのDXコードのように)感度設定がされますが、これは手動で合わせます。この機能は、減感や増感前提で撮影するときにはとても役に立ちます。

さて、巻き戻し機構とシャッター開角度ですが、これは本体右側のレバーで行います。OPENからCLOSEまでレバーを倒していくとちょうどフェードアウト。その逆がフェードインですね。で、フェードアウトの場合は、CLOSEの先の「S」までレバーを持っていくとフィルム走行が終わるので、無駄にフィルムを回す危険性がなくなります。さらにその先に持っていくと「R」でこれは逆転用です。当然、この作業を組み合わせるとオーバーラップになるわけです。この時に役に立つのが「フレームカウンター」ですね。フレームカウンターは指針式ですが、一回転が72コマ分です。目盛りも切ってありますし、このカウンターもきちんと逆転についていきますので、狂いがなく巻き戻し可能です。

撮影スピードは1.12.18.24.36.54と申し分ないですね。これは注意なのですが、人から借りたとしても、54コマモードで空回しはしないで下さい。機構上、本当に本体を傷めます。電源は単三電池8本。外部電源でスクーピックの12Vニッカド電池も使えますけど、この電池自体がもうないので無意味かな。

写真協力:(C)hanai

使用感など

スクーピック16と言う16mmカメラのボディを流用していたり、スプール巻きフィルムを使ったりすることからもわかるように、当時はマニア向けに発売されました。また、業務用途としての意味もあったでしょう。

現在入手できるダブル(ラン)スーパー8フィルムは、コダクローム25が2002年に生産終了なのでそれのデッドストックと、FOMAPANというモノクロフィルム。その他、Velvia 50Dのフィルムを裁断鑽孔したサードパーティ商品などがあります。
 
ダブルスーパー8(別名ダブルランスーパー8)フィルム使用による、自由な巻き戻し機構とシャッター開角度可変機構によるオーバーラップ。フィルムセミオートローディング

 発売 キヤノン 1970年3月10日発売 
 レンズ  キヤノンC-8 13群18枚構成 F1.4 7.5-60mm ズームは手動のみ。
 ファインダー  一眼レフ式
 焦点調節  スプリットイメージ式(マイクロプリズムに取り替え可能)
 露出調節  外測式EE、手動調節可能。ASA320、F1.4、12コマ-ASA10、F22、54コマまで対応。
 撮影コマ数  1.12.24.36,54 1コマ撮り可能
 特長オペレーションなど  ダブルスーパー8(別名ダブルランスーパー8)フィルム使用による、自由な巻き戻し機構とシャッター開角度可変機構によるオーバーラップ。フィルムセミオートローディング。
   
   

おもしろい映像を作るには、8mmでも16mmでもDVでもHDVでもAVCHDでもPCでもMacでもAMIGAでもVRでも何でも使いましょう!とマディ折原が提案するサイト