トーキー映画を作る『サウンドフィルムワークショップ』レポート

2012年10月15日 | By muddy orihara | Filed in: イベント, 録音.
‎10月13日、8mmFILM小金井街道プロジェクトさんにお呼ばれして、8ミリ映画に音を付けるワークショップ「サウンドフィルムワークショップ」の日雇い講師として、成田屋古漫堂さんと務めて参りましたよ。
soundfilmworkshop.jpg

成田屋さんがメインパートを担当。
そもそもサウンド8ミリとは、音源とはなんぞと言う座学を経て、パソコンを使ったマルチトラックレコーディングで8ミリ映画用のサウンドトラック作りを行って、その音を映写機でフィルムの磁気帯に録音するまで、と言う内容です。
soundfilmworkshop3.jpg

最後の録音で映写機が動かずばたばたしましたけど、成田屋古漫堂さんが持ち込んでいたレコーディングエディターGOKO RM8008で録音完了。

soundfilmworkshop2.jpg
ワタクシはその後に、「サウンド映写機の21世紀の選び方」を中心に、ワークショップ会場から出た後の実践のTIPSをばーっとまくしたてました。(1000円タコメーターを使った映写機の走行速度チェックとか、1KHzトーン信号を使った映写機の走行安定性チェック方法とかも)

打ち上げで、第2回目のワークショップの依頼もされました。次はスーパー8の自家マグネストライプって・・・お題が大変なんですけど!

登場した8mm機材をご紹介。

Sankyo Sound OMS600

 

oms600.jpg

 

FUJICASCOPE SH8

 

sh8.jpg

 

FUJICASCOPE SH6

 

sh6.jpg

 

FUJICASCOPE SH30
ELMO GS800
GOKO RM8008

 


Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください