「修理」カテゴリーアーカイブ

キヤノンスクーピック16MNを直す

突然、16ミリフィルムが撮りたくなりました。

しかし、わたしは16ミリフィルムカメラを持ってない。いや、ウソだ実相寺昭雄カントクがサインしてくれたBOLEXを持ってる。

でも、REFLEXタイプではないので使いにくいし、せっかくカントクが描いてくださったガヴァドンのイラストが消えるのが嫌だ。

これ以外に16ミリカメラ持ってなかったか…おもちゃ箱を探したら、ぶっ壊れたCANON SCOOPIC 16MNが入ってた。

キヤノンスクーピック16MN。スクーピックシリーズはもともと、NHKとキヤノンが共同で報道カメラマン用に開発したカメラ。

キヤノンは、主に報道用途に16ミリカメラをこれだけ作ってきました。

1965 スクーピック16
1970 サウンドスクーピック200
1970 サウンドスクーピック100
1972 サウンドスクーピック200S10
1972 サウンドスクーピック200S/200SE
1973 スクーピック16M
1974 スクーピック16MN
1977 スクーピック16MS
1979 システマサウンド16

今では信じられないと思いますが、昔はテレビのニュース取材用に16ミリフィルムカメラが使われていたのです。ビデオカメラは持ち出して取材現場でぶんぶん振り回すのにはあまりに重かったからです。

そして今は…ENGカメラが使われてます。ENGってエレクトリック・ニュース・ギャザリング=取材用のビデオカメラの略称。”エレクトリック”ってわざわざ名付けたのは、フィルムから電気仕掛けに変わったから。

ENGというシステムと概念は1970年代末~1980年代冒頭に登場して、フィルムを使う取材用16ミリカメラを古くさいものとして押しつぶし、一気に普及していきました。キヤノンの16ミリカメラシリーズが1979年で途絶えているのもそういうわけです。

さて昔話はさておき、当家のスクーピック16MNを振り返ると、

バッテリー無し、バッテリーフタもない、ただのジャンクです。
だが、レンズにはちっこいゴミある程度が救い。使えるのかコレ?

 

まずはバッテリーを考えよう。そもそも純正のニッカドバッテリーは、12Vで容量が450mAhだった。腐ったバッテリーを開封すると、中には45mAhの単三形ニッケルカドミウム充電池が10本、直列に半田付けされていた。

ならばニッカド電池10本用意するか?

でも今はニッケル水素電池を使う方がいろいろと便利だ。エネループのスタンダードでも1900mAh。ダイソーのあやしい100円ニッケル水素電池でも1300mAhだから、圧倒的な容量増加が見込める。

ということで、SCOOPIC 16MNのバッテリーとして、単三形のニッケル水素電池10本を装填できる電池ボックスを工作することに決定。

さっそく、秋葉原の千石電商さんにゴー!

【材料】
単3乾電池10本入りのケース。


(※リード線が出てる奴。スナップ金具のははみ出てダメ)
単2電池の電池ケース用の金具。プラス極用のを2個。
両面テープ少々。

【作り方】
1.リード線の先っぽ切ります。
3.リード線を金具の穴に突っ込んでねじって止めます。


3.両面テープで電池ボックスの端っこに貼ります


おわり。ここまで所要時間5分だよ!

100円均一のセリアで売ってるニッケル水素電池を入れてカメラに入れるとちょうど良い感じ!

シャッターボタンを押すと…
It’s Alive! It’s Alive!

バッテリーチェッカーもブルーゾーンで良い感じ!

 

Sankyo EM-60XLを分解してみました

EM-60XLは、三協精機(現:日本電産サンキョー)のサイレントスーパー8カメラの最終型。軽くて、グリップが折りたたみできるので持ち運び楽ちんなのが利点。

ジャンクを廃棄する前にバラしてみました。

em60xl_inside_01
いきなり、半解体状態で恐縮です。
前玉をはずして、操作側の銘板をはがしたところです。
※丁寧にはがさないと銘板は絶対に折れ曲がるので注意。

はがす際に、つまみやダイヤルは一切はずす必要ないです。

em60xl_inside_03目に付くネジをはずすだけで操作パネルが外れます。
わかりやすい設計でありがたいっす。

操作ダイヤルには、操作つまみが刺さる溝が用意されてます。
em60xl_inside_05前玉レンズを外した正面から。

ちなみに、前玉はずすとマクロ域でフォーカスを合わせる超広角レンズ専用カメラとして使えるのよね。
(この個体はレンズ奥のカビがひどいのでそんな使い方がそもそも出来ませんが)

レンズ上下の化粧板をはずしたところです。

em60xl_inside_07
指さしてる、ボディ側のレンズのさらに内部が真っ白けカビ被害です。
ここをバラしたら私にはとても復旧出来ません。

em60xl_inside_08さて、もろもろねじ外していくと、ボディ前部がごそっと取れます。
銅板は内蔵85フィルタを出し入れするための機構です。
中央レンズにかぶってる黒いユニットの下は露出用の分光、上はファインダ用の分光経路ですね。

em60xl_inside_16ちなみにこちら側のレンズ白濁状況。

em60xl_inside_17ついでにファインダのカビ菌糸繁茂。

前後しますがフィルタの出し入れをチェック。
em60xl_inside_09これは何も力を加えていない状態。つまりフィルター解除キーを押し込んでいない状態。タングステンタイプフィルムをデイライトで使用するためにオレンジ色のフィルタがかかってます。

em60xl_inside_10 銅板レバーを押し下げる、つまりボディ上部のフィルター解除キーを押し込んだ状態にするとフィルタは外れます。

この機構は、フィルムカートリッジのタングステン/デイライトタイプ設定用の溝感知と連動してます。

em60xl_inside_11
ボディ後部です。駆動モーターは下の歯車がた付いてる奴です。2枚羽根絞りはサーボモーターにくっついてます。サーボモーターの隣はファインダ光学系ですね。

Canon 514XLを分解してみた件

よく、8ミリ映画機材を寄贈戴きます。 使えそうなモノは希望される方に譲ったりしてますけど、このキヤノン514XLは、電池の液漏れで内部が腐食していたので分解してみました。

※注意※
修理するならば、ちゃんと手順や元々の取り付け位置などを丁寧にマーキングしていかないといけません。

analyz514xl_2163 左側の貼り革をはがします。出ているネジを前部外します。

analyz514xl_2164 下の目隠し銘板をはがすとネジが隠れてます。
側面ネジ、底面ネジらを外すとパネルが外れます。

analyz514xl_2165

うわー。思ったより激しい液漏れ!基板も電線も腐食してサビだらけです。レンズの裏にも液漏れが回って汚れてます。
※緑色の部分は、液漏れの影響です。

analyz514xl_2167 今度は逆側のパネルも開けてみました。同じように貼り革をはがしてネジを一通り外します。

analyz514xl_2168 これは外したパネル。ダイヤルが付いている側です。

レンズは裏からカビと液漏れで汚れていて手が付けられません。やっぱりこの個体はとことん、ジャンクですねえ。

さて、ジャンクだとなれば分解もどんどん大胆にざくざく進められます。レンズもバラしてみましょう。

そもそもこの個体は前玉のリングが空回りしてます。analyz514xl_2171ねじを外して リングを外してみますと。

analyz514xl_2173 ちょくせつ前玉を動かそうとしてもガッチガチに固着してて動きません!前から攻めていくのを辞めましょう。

analyz514xl_2174 プリズムです。レンズに入ってきた光を表面鏡で反射して、このプリズムを通過してファインダー側に光が導かれます。8ミリカメラは大体この構造になってます。プリズムも汚れてますね…

analyz514xl_2175 カメラ上部のズームレバー周りのねじを外して、

analyz514xl_2176レンズ上の「CANON 514XL」銘板の下のネジをはずすと、

analyz514xl_2177 こんな風に上部のパネルが外れます。

analyz514xl_2178 銘板の裏アタリ。この機種は銘板をはがして何か調整するようになってるのかしら?

analyz514xl_2179 こっちが銘板を外した本体側。先ほどのプリズムが見えます。

analyz514xl_2180 レンズユニットが取り付けられてるボディ前部と、後部をはずします。駆動モーターからつながる動力シャフトがこれです。たぶんはずれるんでしょうがなんかうまく行かなかったのでここはぶった切りました。

analyz514xl_2182 ボディ前部からさらにレンズユニットだけ外した状態。

analyz514xl_2183 レンズユニットを外してみました。なんだこの腐食具合は…

analyz514xl_2184 レンズを後ろから順に分解していきます。カビあり。

analyz514xl_2185

試しに、カビを「水の激落ちくん」拭いてみたらでキレイに落ちますが、結構pH高いアルカリ溶液なのでたぶん、使っちゃダメですよねこれ。ガラス溶けてないか?レンズのマルチコートひっぺがしてないか?といろいろ心配にはなります。たぶん清掃方法として間違ってるはず。お勧めしません。

analyz514xl_2186 analyz514xl_2187 ここもカビがしっかりと。そもそも裏から分解しないと清掃できないところのカビが生えた8ミリカメラは修理とか考えない方が気が楽。

analyz514xl_2188 絞りユニットをはずしてみました。この奇妙なカタチの黒い板2枚が重なって動くことで、絞り値を変化させるのです。

analyz514xl_2189 analyz514xl_2190 支点に当たるところには、サーボモーターがあります。

 

analyz514xl_2191 絞りをサーボモーターで動かすからサーボEEとか呼ばれるのですね。

analyz514xl_2192ボディ後部です。右下の金属部品は駆動モーターです。

ここまでバラして、後はしかるべきゴミ分類をして廃棄しました。

Elmo GS-1200のローディング不調

東京8ミリシネ倶楽部のGS-1200が壊れてしまったので、最近引っ張り出さない当家のGS-1200をチェックしてみる。しかし大変なトラブル発生!
gs1200_01.jpg
フィルムが粉砕されてしまう!スプロケットとオートスレッディングレバーの調子がおかしいんでしょうか、ループが出来る前にぐちゃぐちゃになってしまいこんな無残なことに。
gs1200trouble01.jpg
gs1200trouble02.jpg
これは最近使われてる磨りガラス風の半透明のリーダーフィルム。これは硬度が高くてしなやかさに欠けるので、昔ならではのしなやかなコダック製の乳白色リーダーフィルムを(これ、今でも入手できますよ!)使ってみると。
 なんとかギリギリ通った。オートスレッディングレバーも解除された。
上映し始めたら問題なかったので、やはりオートスレッディングレバー部の調節がおかしくなってると観た。
 さて、どう直せばいいんだろう・・・。

GOKO RM8008を修理してみる

ジャンク品のサウンドエディタGOKO RECORDING EDITOR RM8008の修理にチャレンジ。

rm8008_01.jpg

五光商事が、1970年代末にリリースした、ステレオ/2トラックタイプのサウンドレコーディングエディター。映写機で録音するよりも格段に手間が省けるので好評な機材でした。(サイレントの通常のエディタの方がフィルムの編集には適しています)

さて、概要はさておき。これはもともと二束三文の状態悪い機材。走行速度が微妙にあやふやで、再生音が波打って聞こえるというしろもの。

機械オンチのワタクシですが、モーターから動力を伝えるベルトの劣化や、ピンチローラーの劣化などが走行ムラの原因ではないかなと当たりを付けて、分解。

ボリュームのつまみとかは手前に静かに引っ張ればはずせます。rm8008_04.jpg

そしてネジをはずすと前面の銘板がはずせます。

rm8008_02.jpg

イキナリ、磁気テープのの切れっ端がごそっと出てきました。
これは剥離したサウンドトラック。自家マグネストライプをやっていた人でしょう。

rm8008_05.jpg

ついでに、潰れたつまみの軸を直しておきます。

rm8008_06.jpg
左のピンチローラーは、ゴム部にいくつも溝が入ってる不思議なもの。
劣化はありますけど、割れてるわけでもべとべとになってるわけでもツルツルになってるわけでもなく、そんなにひどくないような・・・どうなんでしょうねえ?

rm8008_08.jpg

順々にネジをはずして、ようやっとベルトが見えました。特にゆるんでる感じはしませんが、プーリーに接してる裏側はやや乾燥してひび割れが出てます。このせいか?

rm8008_13.jpg

はずすとこんな具合にゴムがこびりついてるのでキレイに掃除。

rm8008_14.jpg

真鍮のプーリーも掃除しましょう。

rm8008_12.jpg

ベルト2つ。大きい方は、本体裏面をはずすと出てくる、モーターからの動力を伝えるメインのベルト。小さいのは前面からはずしたベルト。両方とも多少変形があります。

結局、不具合の理由はよく分かりませんでした。どしろうとには難しいです。

rm8008_11.jpg

ただ、わかったのは、もの凄く大量の磁気テープの切れっ端が本体内に紛れ込んでいたと言うこと。間違いなく、自家マグネストライプをやっていた人です。そして、これだけ端切れがあるということは…たぶん、大失敗ですね。今頃はがれまくってることでしょう。

このRM8008は私の手には負えないので、8ミリサークルに寄贈致しました。

キヤノンT-1の電源ケーブル改造

 

t1_09.jpg

8ミリ映写機は電源用ケーブルが特殊で、新品は入手困難だから厄介です。ワタクシもうっかりキヤノンシネプロジェクターT-1のケーブルを無くして大弱りでしたが、ちょっと知恵を絞ったら汎用ケーブルが使えるようになってあっさり解決しました。費用はたったの100円。お困りの方、これが解決法ですよ。

t1_04.jpg

人気の高いキヤノンシネプロジェクターT-1(以下T-1)の電源コネクタはこんな丸い端子が三つの形状になっています。これは今はほとんど見かけない汎用性の低いコネクタですが、パソコンやモニターなどに使われてる、四角い金属端子が3つあるものに大きさもよく似ています。

正式な規格名は不勉強にて存じませんが、3極ケーブルと呼ばれることが多いので、本体側のコネクタと取り替えればいいのではないかと思いつきました。

t1_07.jpg

サイズを測って秋葉原に行くと、100円程度で交換用の部品がありました。
取り付けにはドライバーと半田ごてが必要です。もともと付いていた丸端子のコネクタをはずし、本体内部のケーブルを半田ごてではずして、新しい端子に取り替えて、半田をしなおします。ケーブルを全部で4本つけなくてはいけないので、間違えないように気をつけるだけで難しいことは何もありません。

はい、快適に動きます。T-1。しかしこれ随分と気合の入った設計でありますね。

t1_01.jpg 

FujicaScopeMX50の修理

富士フイルムの音声同期システム・フジカパルスシンクシステム対応の映写機は、フジカスコープMX50、MX70、SH30、SD20、SD25の五機種。
このうち、MX50とMX70だけがレギュラー8とシングル-8/スーパー8の兼用映写機。
MX70は何台入手しても全部修理不能なのでもうあきらめた。

というわけで、フジカスコープMX50のジャンクを頂いたので直してみることにした。

 

mx50_01.jpg

ジャンクですから当然動かないのですが、裏ぶた開けてすぐに気がついたのは、
「こりゃMX70と全然構造が違う」

MX70はメンテナンスしにくい機種ですが、MX50は構造も整然としていてメンテナンスはぐっと容易で好感持てる機械です。

↓こちらがMX50の内部。(ベルトはまだ付け替えていません)

mx50_02.jpg

 

↓こちらはMX70。但し、制御用の電気回路一式を取り外してあります

mx70_inner.jpg

 

ざっと調べるに、不動の原因は駆動ベルト切れなので、どろどろに溶けて虫の卵のようにキモチ悪くぶつぶつだらけに変質したベルトをアルコールで拭き取ります。

mx50_03.jpg

↓すでに油のように変質していて、指で触るとべたべたするからさらに気持ちが悪い。

mx50_05.jpg

代わりに、毎度おなじみの東急ハンズで買ってきた3.5mm径のウレタンベルトの大きさを測って、半田ごてで貼り付けて・・・

 

t1_12.jpg

輪ベルト制作を失敗するとこうなります。キレイに円になってないとダメ。このままでは映写機はちゃんと動いてくれませんよ。

さて、もう一本作り直して取り付け。一部ランプ側の防熱部品をはずさないと取り付けられませんがネジで脱着できるようになってるのでカンタンです。

 

mx50_04.jpg

はい、無事動作確認完了。シングル-8/スーパー8も、レギュラー8もちゃんと動きます。
あとは、本題のパルスシンクですな。これが動かなければ何の意味もない。 年内に動作チェックしてみよう。

 

映写機の保守と修理ワークショップ

2011年2月20日ともう半年以上前のネタですが、
8ミリフィルム小金井街道プロジェクトさんが開催した、
「8ミリ映写機の保守と修理ワークショップ」に参加して参りました。

講師の佐竹章一氏による、映写機の構造のあらましなどの座学を経て、
後半はいよいよ、持ち込まれた8ミリ映写機を実際に修理してみるワークショップです。

 

repair_workshop01.jpg

映写機の故障で多いのは、駆動用のゴムベルトが経年劣化で切れちゃってたり溶けちゃったりしてること。駆動部分の摩耗やグリスの固着による動作不良とか。サウンド映写機だと音声再生の不良ですよね。ボリュームのガリとか。

で、この日はウレタンロープがたくさん用意されていました。
つまり、駆動ベルト交換の実地訓練であります。
ベルトの付け替えについては、ワークショップの主催者の一人である「こもれび倶楽部」さんが詳しいので、こちらをご参照いただくとして、ワタクシが目から鱗が落ちる気分だったのは「実際の長さの3%~5%短くすること」というコツを教えてもらったこと。

切れたベルトを取り外した後に、プーリーからプーリーに貼り替え用のウレタンロープを経路に沿って当ててみますよね。そしてその長さから上記の様に少し短くして融着してから取り付けると。これはゴムベルトの設計の基本だそうであります。

repair_workshop02.jpg

厳格に言えば、ウレタンロープとゴムベルトはカタチも特性も異なるので、上記の数値でこしらえても映写速度が異なったりすることもありますが、いずれにせよ「テンションは高めで取り付ける」のが一つのコツなのだと言うことであります。

 

gs1200xenon01.jpg

おわ、エルモGS-1200やら、超高級機種のGS-1200クセノンやらが持ち込まれてますよ。
ワークショップのおまけ企画として、どうしても直せない困った映写機のお悩み相談も承っていたのですね。言ってみれば、映写機修理の「駆け込み寺」。

 

gs1200xenon02.jpg

さて、このエルモGS-1200やGS-1200クセノンは、映写してしばらくすると「カンカンカン」と甲高い音が鳴り出すという不具合があるのです。
部品がどこかぶつかってるかのような金属音です。

しかし、これは実はモーターベルトの劣化によって生じたたるみが原因でした。ゆるんだベルトが高速回転をしてる最中にどこかにぶつかる音なのです。
これは修理は簡単。エルモGS-1200やクセノンのベルトはありがたいことに、特殊なものではなく現在も販売されている工業用のベルトなのです。工具系の通販サイトでも入手できますので、GS-1200で同様のお悩みの方は、取り替えておくといいと思います。

 

秋葉原で買える小型デジタルテスター

tester01.jpg

秋葉原の店頭ワゴンによくおいてある、超激安のデジタルテスター、DT-830Bというやつ。
テスターってのは、電流計/電圧計/導通チェッカー/抵抗値測定/ダイオード測定など、電気関係のテストに使うからテスターなのですが、それが一台にまとまってるからこいつはマルチテスターとでも言うべきかしら。マルチメーターって書いてあります。

この手の道具は電子工作をするのには必需品なのですが、これは8ミリカメラを使う人にも大変に便利なのであります。

まず、電池の容量のチェックに役立ちます

tester02.jpg

tester03.jpg

この乾電池は、1.51Vありますから新品同様であります・・・とカンタンに調べられます。

また、電池入れても動かないよこのカメラ!という場合はどこか断線してないか調べればすぐであります。電池室が液漏れしててさびまくってどこが腐食して導通が切れてるかわかんない場合とかはこれまた便利きわまりない・・・というかこういう物で調べるのであります。もちろんカメラだけじゃなくても具合の悪い家電品はどんどんチェックしちゃえます。

そもそもこの手のもの、値段はそこそこ高いものですが、これはなんと、

380円

であります。隔世の感あり!電池調べるならこれで十分!
今でもいっぱい売ってるので、秋葉原に行った折には一個買っておくとイイですよ。

ゆがんだ映写機ベルトの超かんたんな直し方

ELMO K-100SM映写機が正常に走行しなくなりました。

分解してみたところ、ウレタンベルト「バンコード」で2009年に自作したベルトが、ゆがんでしまっておりました。

belt01.jpg

K-100SMは廉価な小型映写機によくある、長い一本のベルトを複雑な経路で取り付ける構造で、ちょうど急カーブに当たるところが特にゆがんでいるようです。
ちょくちょく使う映写機なのになんで急にゆがんだのかしら不思議。

belt02.jpg

さて、どうしましょう。予備のベルトはあるので作り直そうか・・・
ふとひらめきました。

まずお湯を沸かします。沸いたらお湯をたらいやボールに開けます。

その中にベルトを入れてしばらくすると・・・

元通り!

後はカタチがきれいになるようにのばしながら平らに冷やしていきます。

完成!

 

belt03.jpg

どんなご家庭でもできますので、映写機のベルトがゆがんだらまずはお湯を沸かしてみてね。