「編集」カテゴリーアーカイブ

古いレギュラー8(ダブル8)フィルムを観るための準備その2 フィルムを接合する

「古いレギュラー8(ダブル8)フィルムを観るための準備」という記事を以前書きました。これは、リーダーフィルムがビネガーシンドロームでくちゃくちゃになったら、取り替えましょ!というご提案でした。

しかし、これを書いた2015年4月と比べて、レギュラー8(ダブル8)のフィルムを接合する用具が入手しにくくなりました。

ダブル8フィルムで制作する人少ないから、需要も無いんでしょう。

とは言っても、

セメントスプライスしてたのがバリッと割れてしまったり、
リーダーフィルムがビネガーシンドロームでダメになってたりとか、

編集済みフィルムの補修ツールとしての出番はちょこちょこあります。
と言うか、フィルムの劣化につれて出番増えてます当家では。

さて、なんか考えておこう。どうしたもんか。

さて、まずはそもそもの方法。レギュラー8用のパッチテープスプライサーと、パッチテープがありゃ、カンタンです。

img_5331

これらのレギュラー8用スプライスセットは、LPLで当時販売されていたモノです。(テープはHPのOEMだけどね!)
どっちもとっくの昔に販売終了してます。

しかし、どうもこのLPLのスプライサー、近頃あんまり見かけません。
そもそも、レギュラー8用テープスプライサーとスプライシングテープが入手しにくい。

R8用パッチテープは海外ではまだ売ってる。
もっと補足すると、ロールテープを使うスプライサー、そしてロールテープも存在しますし、新品が販売されてます。
ただ、わざわざ新品の高いスプライサー買うのもちょっとなあ…

というわけで手元にありそうな機材と消費財の組み合わせでなんとかできないかな…と考えるのであります。

まず、16mmテープスプライサーで出来ます。でも、16mmスプライサーを入手するハードルが高いっすね。

w8splice02

もうひとつの正しいスプライス法=セメントスプライスについて。LPLのセメントスプライサーは捨て値で転がってます。当家にもいくつかあります。
でも、接着剤であるフィルムセメントはその辺に売ってない。コダックもhamaもカタログには乗せてるし、販売終了じゃあ無いんですが…いろいろと買いにくいのよ…

というわけで、異種格闘技戦を考えついた。LPLのセメントスプライサー+R8用パッチテープでも出来るんじゃないか?というわけでこれを試してみよう。

img_5332
ペンギンさんマーク時代のLPLロゴ付きの激古スプライサー。

img_5350

まずは、ふるーいリーダーフィルムをかけてみる。

ちなみにこのリーダーフィルム、萎縮し始めてましてうまくパーフォレーションがはまりません。これらの劣化が映写トラブルを起こすのであります。

img_5351

はい、出来ますね。後はテープのHPという紅いところをつまんで上方向にひっぱって貼り付けて、今度は紅いHP台紙をはがして、外したフィルムの裏側に巻き込むように貼り付ければ終わり。

というわけで、レギュラー8用のパッチテープが入手できれば、スプライサーはその辺に転がってるセメントスプライサーを、パーフォレーションの位置決めガイドとして使うだけでキレイにスプライス出来ることが分かりました。

LPLスプライシングテープ終了は残念。でも8ミリの編集はできますよ

先日、LPLに問い合わせたところLPLのロール型のスプライシングテープが、製造終了とメーカー在庫が終了したとのことです。

splicingtape_01

つまり、お店の在庫のみということになります。8ミリのスプライシングテープはどうなるんだろう?

ここ数年で8ミリを始めた人にとっては、8ミリの編集と言えばLPLロールテープスプライサーかLPLステレオサウンドスプライサーのどっちかしか、編集機材としてなじみがないと思います。となると8ミリフィルムの編集はできなくなるの?

結論から言えば、8ミリの編集はいくらでもまだできます。

以前にも書いてるので、詳しくはこちらをご参照ください。
スプライシングテープはどうなるのか
スプライシングテープはどうなる2穴なしロールテープ編

 

 

シングル8とスーパー8を混ぜて編集してもフォーカスがずれない映写機

シングル8とスーパー8はフィルムの厚さが異なるために、まぜこぜに編集してしまうと、映写時にフォーカスが
ずれてしまいます。

通常の映写機ではフィルムはランプ側にフィルムを押しつけて固定しますが、
それとは逆に、レンズ側に固定するタイプの映写機があります。
これを逆プレッシャー型とか言いますが、このタイプだと映写レンズとフィルムの乳剤面の位置が
フィルムのベースの厚さに関係なく固定されるので、シングル-8とスーパー8の混在編集でも、
フォーカスはずれません。

そんなに多くはないのですが、このタイプの映写機は何台かあります。
一番お手軽なのは、エルモ VP-Aでしょう。エルモの超廉価版。
以前、劣化に強い映写機を探していたときに書いた記事で取り上げたものです。
(結局VP-Aは不具合が多くて、あきらめました)

vp_a_side_01.jpg

http://www.muddyfilm.net/2009/07/elmo-vp-a.html

劣化に強い映写機を探していたときに書いた記事で取り上げたものでです。
で、その折りには「原理上フォーカスがずれない」と書くだけにとどめておいたのですが、
実験してみました。

まずは、スーパー8とシングル-8のまぜこせ編集フィルムを造ります。
わかりやすいように、

スーパー8…日立の看板。
シングル-8…大学校舎。

と、ぱっと見ただけで全然違う映像にしてみました。

【通常タイプの映写機】
orytec_telecine01.jpg

日立製作所の映像でフォーカスを合わせると…
orytec_telecine02.jpg
そのままシングル-8の大学内映像だとボケボケになります。

【逆プレッシャー映写機(ELMO VP-A他)】
vp-a01.jpg

日立看板でフォーカスを合わせても…

vp-a02.jpg

そのまま大学内でもフォーカス維持。

であります。

同じような構造を持った映写機は、ボリュー708ELやブラウンニッツォ visacusticなどにあります。

あくまで緊急避難的なテクニックです。

小型映画1980年12冊拾い読みネタ探し その1超音波スプライサー

小型映画1980年12冊拾い読みネタ探し その1超音波スプライサー

ワタシにはあんまり役立たなかった1980年の12冊でありますが、
ちょこちょこ気になるミニミニ記事があります。

Metallic Splicer & Film Companyという会社から出ていた、
Ultrasonic Film Splicer。

つまり超音波スプライサーは、ポリエスターベースのフィルムを接着できるスプライサー。
テープを貼ってじゃなくて、溶かしてくっつけるタイプ。

通常、ポリエスターベースのフィルムは接着できないと言いますけど、
このように特殊な機材を使うと貼り付けることが出来るのであります。

このスプライサーは、35mm、16mm、8mmの兼用機だったそうであります。

富士フイルムの現像所にも超音波スプライサーがあるそうですので、
(以前現像がストップしたときの一回は、このスプライサーの故障によるもの)
これと同じようなものが他にもあったのか、はたまたこの機種かが、
あったのでありましょう。

ちなみに当時のお値段で約22万円。完全に業務用の機材でありました。

月刊小型映画1980年1月号の小さい小さい記事からのネタでした。

16mmフィルムをスプライスしてみた

昨年末に入手した、16mm用テープスプライサーでスプライスしてみた。
ひどいサビ状態ですが、これでもずいぶんとごしごしと赤さびを削り落とした後です。

16mmスプライサー用のテープには穴が空いてません。スプライサーが自動で開けてくれるのです。

しかし、やっぱりこのスプライサーは刃がさびちゃってて切れ味が悪い。ありがたいことに、このメーカーはまだ部品も修理も受け付けてくれる。ワタシが持ってる16mmフィルムはそんなに数ないから出番はほとんどないけど、今の内にメンテかけておくかどうか、悩むところ。

16mm_splice.jpg

スーパー8用スタインベック編集卓


16mm以上のフィルム制作をしている人にはおなじみの編集卓、Steenbeck。
でも、わざわざ写真出してくるからにはちょいと違います。

実はこれ、8mm版なんです。結構珍品。

8mm版スタインベックは1974年のフォトキナでお目見えしました。
2タイプ用意されていたそうで、ひとつは、18コマ/24コマ、SM走行のSタイプ8mm専用機。もう一つは、Sタイプ8mmと16mm幅のシネテープの同期編集が出来るもの。

写真にある機種は、リールが二つで、ヘッドも一つであることからも考えて、Sタイプ8mm専用マシンだと思われます。なお、のちには8mm幅のテープにS8のパーフォレーション付きのシネテープも発売されました。

この写真は、もうかれこれ10年近く前に練馬の中古映画機材業者さんの倉庫で見せていただいたもの。
それにしても、日本に2台か3台しか入ってきていない貴重な一台。見るのも触るのも初めてで、その後はまったく見かけてません。

ちなみにこの写真は、旧「film club web」に載せていたこともありました。その後ハードディスクは壊れるはデータは復旧できないわであきらめていたのですが、妙なところにバックアップしていたのがひょっこり出てきたのでしばらくぶりに登場。

というわけで、100個目の記事はいつになくのんびりしたネタとなりました。今後もよろしくお願いします。

 

 

スプライシングテープはどうなる2 穴無ロール篇

たくさんのコメントありがとうございます。

これは、は☆なさんのご指摘にもあった、BOLEXのもの。ぱっと見ると華奢ですが、実際は金属の固まりでえらくずっしりしてます。しっかし素っ気ないデザイン。
(製造はとっくの昔に終わってるので、上記BOLEX本社リンクには情報はありません)

ちょいと古いので黄色くなってますが、これが穴なしテープ。スプライシング、なかなか正確だと思います。

で、この無鑽孔型のテープのBOLEX純正ものは入手が困難だと思います。

その代わりに、アメリカのChambless Cine Equipmentのカタログに載っている、Neutapeが使えるようです。

Neutapeは、Neumade社スプライサー用のテープですが、CIRBOLEXにも使えると書いてありますのでこいつがぴったりでしょう。一個2ドル強というお値段。ただしこれは10m巻。

ちなみにこのChamblessさん、長らく日本のお客さんに親しまれているお店です。日本のお店にない品物もいっぱいあるのでチャレンジしてみては?以上宣伝終わり。

[Neutaperの秘密・・・実は日本製だ!]

さて、イキナリさらっと書いてますが”Neutape”って何じゃ、って感じですよね。これは、アメリカのNeumade社がリリースしていた”Neutaper”ブランドのスプライサー専用のスプライシングテープのブランド名です。

Neumade社は、劇場用映画の上映関係小物をいっぱい扱っている会社さんで、同社の70mm、35mm、16mmなどの業務用がほとんどなんですが、8mm用のスプライシングテープも売ってます。

そして、今回調べてわかったのですが、実はこのNEUTAPERというスプライサー、実は日本製でした。16mm以上をやってる方にはおなじみの、東京精機製作所のOEMでした!おまけに上記のNeutapeも東京精機のOEM!8mm版テープは受注生産なのが残念ですが、日本国内でやりとり出来るのは福音!

※東京精機製作所による8mm、16mmのスプライシングテープの製造は終了しています(2014年9月現在追記)

BOLEXユーザーの方、そしてオオノ隊員さんご指摘の「キングらくらくスプライサー」 ユーザーの方、富士のスプライシングテープの終了後にはちょいと試してみる価値はありそうです。

 

 [穴なしテープスプライサーはゲットできるのか?]

テープだけあってもしょうがないですね。スプライサーも入手しなくてはならないです。BOLEXは上記の通りに生産が終わってます。中古品を入手すべきでありましょう。

しかし、新品入手の手段、あります。

イタリアのCIRというプロフェッショナル用映画機器メーカーさんは、35mmや16mm用に加えて、SUPER8用のスプライサーを2種類、カタログに載せています。とりあえず新品は購入できます。

考え方がプロ用なのでものすごくいかついです。あたくしは、8mm版はいじったことはないですが、16mm版はシネヴィスでいじらせてもらったことがあります。

16mm版は非常にがっちりした出来のものです。また、メンテナンス用部品とか調整とかもしやすくなっているようで、これ一台あれば一生もの、という感じです。写真で見る限り、8mm版も立派ですので、きっとガッチリとしたスプライスができるのではないかと思います。

毎度おなじみ、ドイツのWittner Kinotechnikでは、139ユーロの簡易版と、プロ用とほぼ同じ構造を持ってると思われるSpecialの625ユーロの物が売られてます。
後者の値段はさすがプロ用!って感じです。

 

[パッチテープスプライサーの可能性]
もし富士のスプライシングテープが無くなってしまい、お手軽にスプライシングしたいのであれば、二束三文で流通しているパッチテープ用スプライサー、という手もあります。

パッチテープスプライサーは構造が簡単なので、山ほどリリースされていました。全部フォローするのは不可能です・・・当方も今では一台も持ち合わせてませんし・・・ちょっと勉強しないといい手が浮かびません。

以下、情報が集まり次第。

スプライシングテープはどうなるのか

富士写真フイルムがシングル8をやめるとなると・・・スプライシングテープはどうなるのでしょう。



今のところ、これについては何も発表されていません。
いたずらに不安を煽る気はないですが、シングル8フィルムの製造販売現像サービスを終わらせるのですから、とてもスプライシングテープだけ続けるとは思えないのです。今までも何度も在庫が枯渇したことがありましたし。

テレシネ前提の人にとっては、さほど問題のあることではないかも知れませんが、それでもまったく使えない、となると不便です。フィルムをまとめることさえ出来なくなってしまうのですから。

[LPLスプライサーはゴミになるか]

海外を見渡してみても、ロールタイプの鑽孔済みスプライシングテープは見あたりません。逆に、海外から富士のロールテープはどうやったら購入できるかと質問が来るぐらいなので、穴あきのロールテープはないのではないかと思ってます。

オオノ隊員さんからご報告を数例いただきました。「ERNO  MODEL S-80」 や、「REVUE LUXUS 8126」などのスプライサーが、「穴あきロールテープ」を使用するスプライサーだとのことです。穴あきテープ自体の現存については未確認です。

 


というわけで、もし富士のロールテープの供給が終われば、LPLの1トラック用スプライサーとステレオスプライサー、そして富士のスプライサーは一気にゴミになってしまいます。

海外で多いのは、パッチテープのスプライサー。
パッチテープとは、絆創膏のようなものです。パーフォレーションが開いたテープを台紙からはがしながらフィルムを接合していきます。

今では日本でほとんど流通していないせいか、パッチテープが忘れられているようです。 国産で捜すとなると、一番見つけやすいのがLPLのスプライサーでしょうが、華奢で精度が怪しく、好きではありません。


穴あきロールテープは、穴の跡がテープ裏ののりに付いてしまうことが多く、それを嫌う人もいます。かくいうあたくしもそれでして。
パッチテープには、そんな問題はありません。パッチテープの問題は、そのコストです。安くありません。

ちなみに、お写真はLPLで販売されていた、HUDSON PHOTOGRAPHIC製のレギュラー8用のパッチテープ。スーパー8用もありましたが。100円とずいぶん安いですが、新宿の「カメラのドイ」廃業セールで買ったからです。

海外にも、ロールテープスプライサーは存在します。でもぱっと見渡す限りでは、穴なしのロールテープを使って、後から開けるタイプの物。この手の物は16mm以上ではごくありふれてますが、不勉強なことにあたくしは、穴なしテープを使う日本製のスーパー8/シングル8用スプライサーを使ったことはありません。
しかし、海外でもあまり種類がありません。やっぱりパッチテープ用スプライサーの方が遙かに種類が多いです。

以下次回。